乃木坂46与田祐希、ドラマ「日本沈没」での彼氏ジマンは伏線だった!

今期の話題作と言われるドラマ「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)の第3話が10月24日に放送され、世帯平均視聴率15.7%をマーク。3話続けて15%越えの高視聴率を記録している。そんな人気作にて、居酒屋の看板娘を演じる乃木坂46の与田祐希にも熱い視線が注がれているようだ。

「本作は2023年の東京を舞台に、”関東沈没”という目に見えない危機に立ち向かう人間ドラマ。そのなかで与田が演じるのは、主人公の天海啓示(小栗旬)が通っている居酒屋の看板娘・山田愛です。グループの中ではおとなしいほうとされる与田ですが、作中では看板娘にふさわしい元気さを発揮しており、SNSでは《威勢のいい与田ちゃん可愛い》《日本沈没は与田ちゃんが出てる時が癒しタイムだな》といった声が寄せられています」(スポーツ紙記者)

 第3話では、環境省の官僚である天海が一人で居酒屋を訪れると、「どうしたんです、難しい顔して?」と愛(与田)が尋ねる場面が。天海は「一人で飲みたい時もあるんだよ」とかぶりを振るも、近くの席に週刊誌記者の椎名実梨(杏)がいるのを見て「とか言って、女の人と待ち合わせじゃないんですか?」とニヤリ。椎名の注文を受けて「かしこまり〜!」と元気に応じるシーンでは好感度爆上げとなっていたようだ。


 第2話では険悪ムードの天海と常盤に、愛がスマホを見せながら「それより、見てくださいこれ! とうとう彼氏ができたんです!」と報告。ドラマの中とはいえ与田が嬉しそうに彼氏報告をする姿にショックを受けるファンが続出し、ネット上には<愛ちゃんに沈没>といったコメントも躍っていた。そんなシーンに実は、伏線があったというのだ。

「Paraviで配信されているオリジナルストーリーの『最愛のひと〜The other side of 日本沈没〜』では与田が、蒔田奇跡役の板垣瑞生とダブル主演しています。蒔田は本編では写真でしか出てきませんが、スピンアウトの配信ドラマでは運命的に出会って恋に落ちた男女が日本沈没までの限られた時間の中で愛を貫くという物語の主役を務めているのです。10月24日に配信された第3話では、愛(与田)がいきなり蒔田に告白。本編第2話での『彼氏ができたんです!』発言はここに繋がっているというわけですね」(テレビ誌ライター)


 本格的なドラマ出演は今回が初めてとなる与田。スピンアウトドラマではダブル主演という大きな役をゲットし、女優としても花開く予感を抱かせる。そんな与田の主役ぶりは要チェックだろう。

(窪田史朗)

※トップ画像は与田祐希公式インスタグラム(@yodayuuki_oimo)より。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/31 8:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます