『真犯人フラグ』“真帆”宮沢りえにフラグ「絶対ただの誘拐被害者じゃない」

拡大画像を見る

日曜ドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)のTwitter投票企画『#みんなの真犯人フラグ』第4回目の結果では、宮沢りえ演じる真帆に“フラグ”が立っている。




現在第3話まで放送され、考察もますます盛り上がっている日曜ドラマ『真犯人フラグ』。今回も得票率1%差を競う接戦となったが、4回目の投票では失踪した凌介(西島秀俊)の妻・真帆(宮沢りえ)が初の1位にランクインした。「絶対ただの誘拐被害者じゃない」「何か裏がありそうな気がする」といった声や、先週の『スッキリ』でも紹介された、真帆の「帆」=フラグで、「犯人“真帆”」なのではないか、という意見も有力視されているようだ。


前回、前々回の投票で1位になった瑞穂(芳根京子)は僅差の2位。第3話で凌介の娘・光莉(原菜乃華)の彼氏と判明した一星(佐野勇斗)も、引き続き3位と上位をキープしている。前回8位だった、凌介の親友で「至上の時」マスターの日野渉(迫田孝也)は、3つ順位を上げて5位となった。


第5回目の投票は、10/29(金)10時~11/5(金)10時の投稿が対象。放送が休みの間も投票を受け付けているので、これまでのストーリーや様々な情報を参考にしながら、投票してみてはいかがだろうか。


【第4話ストーリー】

凌介(西島秀俊)が真帆(宮沢りえ)の保険金の受取人になっていることがネットで拡散される。マスコミもこの情報を追い、光莉(原菜乃華)と篤斗(小林優仁)にも生命保険をかけていたというデマが広がる。そんな中、ぷろびん(柄本時生)のYouTubeチャンネルがBANされる。復活を目論むぷろびんと町山(遼太郎)のもとに、何者かによる情報提供のメッセージが届き…!?

亀田運輸では苦情電話がますます増え、全社的に大問題となっていた。凌介は支社長に呼び出され、身の潔白を説明する記者会見を開くように命じられる。凌介と瑞穂(芳根京子)は、記者会見の質疑応答の練習をする。そして、記者会見当日。会場には多くのマスコミが集まる。生中継もされる中、凌介は報道陣からの質問に丁寧に答えていく。しかし、記者から凌介の不倫現場写真を突きつけられ――!?


■新日曜ドラマ『真犯人フラグ』

毎週日曜よる10時半~11時25分放送
企画・原案:秋元康
脚本:高野水登

(C)日本テレビ

関連リンク

  • 10/31 8:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます