【天皇賞・秋】堅いレースも傾向はクッキリ! 過去10年データで見えてきた天皇賞秋対策とは?

拡大画像を見る

 あっという間に暦は10月末…。

 秋の東京開催も早くも半分、折り返しを迎える。というわけで今週は伝統の一戦・天皇賞秋(GI・東京芝2000m)のスタートだ。毎年豪華な面々が揃う一戦。今年も例年にも増して良いメンバー構成になった。近2年は最強牝馬アーモンドアイの独壇場だったが、今年は新たな秋の盾チャンピオンを決める一戦となるわけだ。

 注目は、やはりトップ3といわれる上位人気3頭。昨年のクラシック3冠馬コントレイル(牡4・栗東・矢作厩舎)。牝馬でマイル以下のGIを5勝しているグランアレグリア(牝5・美浦・藤沢厩舎)。そして今年、皐月賞1着&ダービー2着という実績のある3歳馬エフフォーリア(牡3・美浦・鹿戸厩舎)だ。もちろんこの3頭だけではなく、カレンブーケドール、ワールドプレミア、ポタジェなどの実力馬もいる混戦である。

 今回も過去10年データから、天皇賞秋の馬券&レース傾向を探っていこう。

1.天皇賞秋はやっぱり堅いレース?

 馬券配当を見ると、過去10年で馬連に万馬券は出ていない。3連複でも万馬券以上になったのはわずか3回だけ。3連単になるとちょっと配当が良い感じもするが、10万円以上になった年はわずか2回(15年・11年)だけ。爆発力には乏しい傾向なのは間違いない。

2.理由は1番人気が強すぎるから?

 近2年は圧倒的な人気のアーモンドアイの2連勝。これは記憶に新しいところだ。過去10年でも1番人気は5勝している。1番人気馬の成績は【5・2・1・2】。馬券圏内キープ率8割である。

 しかし馬券を外れた2回の年は、かわりに2番人気馬が2着以内に入っている。つまり1&2番人気、どちらかが安定して走るので大荒れしないのだ。

 この傾向は過去20年分にさかのぼっても同じ。1番人気は常に8割馬券に絡んでいる。上位人気馬を完全に外した馬券を買うのは勇気と覚悟が必要なのかも?

3.3歳馬にとっては厳しいレース?

 今年は現3歳馬世代のトップクラスといえるエフフォーリアが出走する。菊花賞をパスして古馬との対決となるこちらを選んできたわけだ。もちろん皐月賞1着&ダービー2着は能力馬の証。もちろん人気上位になるのは間違いない。

 だが、過去をさかのぼると、3歳馬で1着になっているのは02年のシンボリクリスエスからまったく出ていないのだ。
過去10年でも11頭が出走しているが、最高着順でも12年のフェノーメノ(1番人気)の2着が最高。ほかには14年のイスラボニータ(1番人気)の3着くらい。馬券になったのはこの2頭だけだ。その前には10年のペルーサが4番人気で2着というのもあるが、やはり勝ちきれない。3歳のトップクラスでもカンタンに勝ちきれないのが天皇賞秋なのだ。エフフォーリアはそんなデータを覆すことができるのだろうか?

4.牝馬は好走の期待感あり?

 近2年ではアーモンドアイの連勝があった天皇賞秋。しかも両年とも、3着にもクロノジェネシスとアエロリットという牝馬が絡んでいる。さらにそれ以前にはジェンティルドンナが14&13年で連続2着になっているなど牝馬はわりと好走している。

 近年のGI戦線でも牝馬の好走傾向は強め。当然ながら牝馬への期待感は高くなる。今回出走の2頭、グランアレグリアとカレンブーケドールもともにGI戦では実績十分だろう。

 しかもグランアレグリアは美浦の藤沢和厩舎。近20年データだけでも、同厩舎からはレイデオロ(18年)、スピルバーグ(14年)、ゼンノロブロイ(04年)、シンボリクリスエス(03&02年)と5回の優勝経験あり。しかも鞍上は天皇賞秋3連勝中のルメールで盤石。一方、カレンブーケドールも美浦・国枝厩舎。こちらもご存じアーモンドアイの厩舎なので調教師の経験は抜群。どちらも馬券圏内可能性は高い?

5.人気薄馬の出番があるとしたら?

 では、人気薄馬には天皇賞秋では出番がないのか?

 確かに過去10年での馬券圏内は、1〜7番人気での支配率が9割以上。8番人気以下で馬券に絡んでいたのはたった2頭。17年の3着レインボーライン(13番人気)と、15年の2着ステファノス(10番人気)だけである。共通点としては、4歳で関西馬だったということくらいか。

 しかし今年はなぜか4歳馬が少なく、コントレイルとポタジェの2頭だけ。共に関西馬だが8番人気以下の人気薄にはならないだろう。今年は8番人気以下の出番は厳しいのかも?

6.東京芝2000mで内枠有利は幻想?

 東京芝2000mコースはスタートの位置が原因で内枠有利とは言われ続けてきたコース。

 だが過去10年で、最内1番枠から馬券になっているのは14年2着のジェンティルドンナだけ。1枠という括りでも過去10年で馬券になっているのは3回だけ。1枠有利は天皇賞秋においては幻想なのかも…。傾向としては1枠よりも4・5枠の中枠のほうが馬券になっている。

 ただ外の8枠は確かに馬券になりづらい傾向あり。過去10年で8枠が馬券になったのは2回だけ。しかもともに3着。やはり8枠馬には難しいレースだろう。

(netkeiba編集部)

関連リンク

  • 10/31 7:35
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます