日テレ『イッテQ』待望の若手企画も…「2か月遅れ・6か月ぶり」の「ハードル上げすぎ」で爆死確定の痛恨!

拡大画像を見る

 10月31日は選挙特番で放送休止の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)だが、10月24日放送回の「次回予告」で、いよいよあの企画の第2弾が放送されることが明らかとなった。

「お笑いコンビ・まかろにステーションのギャビン(26)による『ギャビンのボランティア旅』の第2弾が放送されるようです。林業や牧場地の手伝いなのか“Sheeeeeep!”と叫びながら羊の群れを追いかけている様子が予告で映っていました。正直待たされすぎて“やっとかよ”といった感じですね」(女性誌記者)

 アメリカ人のギャビンは、外国人モデルからお笑い芸人に転向した異色の芸人。今年4月18日放送回で初登場し、お試し企画『ギャビンのボランティア旅』を行った。ロケ先ではいまひとつウケなかったものの、性格の良さやチャレンジ精神は、視聴者やスタジオメンバーには好印象を与えることに成功していた。

《お笑い芸人と名乗っているのに、全然笑いが作れていない。僕は焦っていた。

 ここ(川の掃除中)で足を滑らせて全身ずぶ濡れになればそれなりの笑いは起こるだろう。

 しかし、ひとつ問題があった。衣装が借り物だったからだ。借りたものを濡らしていいのか? それは失礼になるのではないだろうか? 結局、僕は池に落ちずに掃除を終えた》

 という風に英語で書いた日記をギャビンが日本語でモノローグのように紹介する「日記芸」が、旅番組の雰囲気もある『イッテQ』と相性が良く、これまでにないタイプの笑いにつながったことも好評だった。

■ギャビンにのしかかるプレッシャー

「そんなギャビンのボランティア旅第2弾が“近日公開”と、8月15日放送回以降たびたび予告されるようになったんですが、いつまでもたっても放送される気配がなかった。視聴者からは次回予告の度に《ギャビンまだっすか?》《ギャビンいつなんだろ。次週予告また違った》という声も出ていて、2か月以上待たされてようやく、という感じですよね」(前出の女性誌記者)

 レギュラー陣の高齢化が進んでいることや、手越祐也(33)が離脱したことで“イケメン枠”がなくなった『イッテQ』にとって、ギャビンは「お笑い芸人で、若くて、モデル出身のイケメン」という一石三鳥とも呼べる存在。しかし、本人も自覚しているようにロケのテクニックはまだまだ未熟だ。

「1度目は日記芸が不意打ちで面白かったし、微笑ましさのほうが勝っていましたが、ここまで焦らされてハードルが上がってしまうと、相対的にギャビンの2度目の出演が思っていたよりつまらなかった、という風に視聴者が感じ取ってしまうのではないか、というのが最大の不安材料ですね」(前出の女性誌記者)

 実は、日テレは今年6月にも、同じ「イケメン」「期待してたのにがっかり」という、不吉な前例がある。6月21日放送の『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話合体SP』にて、人気イケメン俳優の中川大志(23)が出演して《新たな一面を披露》《ダンス対決》と散々告知しておきながら、実際は中川の出番が10分あるかどううかも怪しい、というガッカリな内容だったため、視聴者から批判の声が殺到したのだ。

 9月4日には『第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション2021 AUTUMN/WINTER』に出演し“イケメンすぎる芸人”として知名度を上げつつあるギャビン。

 新しい『イッテQ』の看板タレントになって欲しいところだが、「焦らし戦術」は吉と出るか凶と出るかーー?

関連リンク

  • 10/31 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます