最後は別れる?!長続きしそうで実は別れるカップルの特徴

拡大画像を見る


「あのふたりあんなにラブラブだったのに」というカップルが、すぐに別れた例は少なくありません。一見、仲よさそうに見えても実際には別れやすいカップルはいるものです。
そこで今回は、長続きしそうでも最後には別れるカップルの特徴を解説します。


喧嘩をしたことがない

ケンカをしないカップルは、周りの人からすると理想の関係に見えるでしょう。しかし、ケンカを避けるために言いたいことも言えない関係は、長続きしません。
相手に不満があったとしても自分の感情を出さないでいると、疲れがでてくるもの。そんな状態が長く続くうちに、お互いに会いたいと思わなくなります。


相手に依存している

お互いに好きな気持ちが強すぎると、頭の中は相手のことでいっぱい。そんな関係でいると、つい相手にばかり依存して嫉妬や束縛が耐えなくなります。
とくに、女性のほうが相手に依存しやすい傾向が強いかもしれません。もし、彼女の束縛がひどくなると男性は別れて自由になりたいと思うでしょう。


付き合い始めすぐ同棲する

まだ相手のことをよく理解していないうちから同棲を始めたカップルは、長続きしない傾向にあります。出会ったときにひと目惚れして付き合ったカップルに多いケースかもしれません。
一緒に暮らし始めると、最初のうちは楽しいでしょう。しかし、嫌な面も見えてくると「こんなはずじゃなかった」と思うことも多くなり、いずれ離れたくなります。


寂しさに耐えられない

いつも一緒にいるカップルは、どちらかが寂しがりやというケースが多いです。相手が忙しくなったときに会えなくなると、寂しさに耐えられなくなるでしょう。
しかし、そのたびに連絡をとっていては相手もうんざりするかもしれません。そのため、ちょっと冷たく振る舞うとケンカになりやすく、別れることもあります。

長続きしそうなカップルでも、相手のことばかり考えていてはお互いに疲れが出てきます。たまには、同性の友達と遊ぶなどして別々の時間を楽しむこともカップルには必要です。
大好きな彼とは、少し距離をとってお互いの時間を持つと、いつまでも理想のカップルでいられるでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/31 7:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます