「ウザい!」と感じる運転の指図9パターン

不安を感じる彼女の運転。ときには、彼女の運転にアドバイスしたくなることもあるのではないでしょうか。もちろん、危険な運転に対するアドバイスは必要なのですが、なかには彼女に「ウザい!」と思われ、彼女の気分を損ねているケースがあるので注意が必要です。そこで今回は、運転中に彼女を不機嫌にさせないように、「『ウザい!』と感じる運転の指図9パターン」を紹介いたします。

【1】「サイド(ハンド)ブレーキ、上がってる?上がってる?」
しつこい確認は嫌われます。こっそり確認するようにしましょう。

【2】「ブレーキのタイミングが遅くない?遅いよね?」
まずは運転の文句を言いたがる自分にブレーキをかけましょう。

【3】「急に曲がるんだね。ウインカーを出すタイミングが遅いよ!」
タイミングが気になるようならば、自ら運転するとき、見本を見せてあげましょう。

【4】(信号が変わるたび)「青になったよ。」
毎回言われると、彼女も「ウザイ」と思ってしまいます。発進のタイミングがよかった時には、「スムーズな運転だね。」と褒めましょう。

【5】「ちゃんと左右の確認した?」
身を乗り出して、一緒に左右確認されても邪魔なだけです。心配ならば、こっそり左右確認してあげましょう。

【6】カーナビが案内しているにも関わらず、「ココを右だよ。」と毎回ナビする。
ナビゲーションはカーナビに任せましょう。

【7】(交差点で右折するとき)「今のタイミング、行けたよー。」
「無理しない方がいいね。ゆっくり行こう。」と言える余裕がほしいです。

【8】「後ろから、あおられているよ!」
「慌てないでいいからね。」と穏やかに語る余裕が必要です。

【9】「ぶ、ぶつかりそうだよ!」「車間距離、短いよ!」
「前の車がビックリしちゃうかもしれないから、もうちょっと車間を取った方が、思いやりのある運転かもね。」とオブラートに包んで伝えてはいかがでしょうか。

彼女の運転に対して、他にはどのような指摘をしているでしょうか。彼女を怒らせた経験をお持ちの方のご意見をお待ちしております。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/31 7:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます