【本日の注目ポイント】天皇賞・秋でコントレイルら好メンバーが激突!

拡大画像を見る

 10/31(日)は東京・阪神・新潟の3場開催。天気は東京が曇りのち雨、阪神が曇り一時雨、新潟が晴れのち曇りの予報となっている。

■天皇賞・秋で世代の代表格が激突
 東京11Rは芝2000mの天皇賞・秋(GI)。昨年無敗でクラシック三冠を達成したコントレイル、GI・5勝の牝馬グランアレグリア、今年の皐月賞馬エフフォーリアが人気を分け合う激戦。他にも、高いレベルで安定しているカレンブーケドール、今年の天皇賞連覇を狙うワールドプレミアなど好メンバーが激突する。

■阪神11R・カシオペアSにアドマイヤビルゴなど
 阪神11Rは芝1800mのカシオペアS(L)。セレクトセール6億円超えのディープインパクト産駒アドマイヤビルゴが、武豊騎手とのコンビで出走。昨年11月以来の勝利なるか。他にも、今年のエプソムCで3着のファルコニア、今年の中山記念で3着のウインイクシードなど好メンバー。

■ライオンボスの千直5勝目なるか
 新潟11Rは芝直線1000mのルミエールオータムダッシュ(L)。同舞台で4勝を挙げているライオンボスが、トップハンデの58kgを背負って出走する。鞍上は初コンビの菱田裕二騎手。他に、5月の韋駄天Sを14番人気で制したタマモメイトウは55kg、格上挑戦のサクセスハーモニーは49kgで出走。

■エアアルマスが3走ぶりのダート戦
 阪神10Rはダート1400mのオータムリーフS(OP)。昨年の東海S覇者エアアルマスが、3走ぶりにダートに挑む。休み明けでトップハンデ58kgと条件は甘くないが、こなして1年9か月ぶりの勝利なるか。鞍上は初コンビの岩田望来騎手。

■メロディーレーンが芝3000m戦で復帰
 阪神9Rで行われる芝3000mの古都S(3勝)で、350kgを切る超軽量馬メロディーレーンが復帰する。弟のタイトルホルダーは先日同コースで行われた菊花賞を優勝。それに続き通算4勝目なるか。鞍上は岩田望来騎手。他に、白毛のシロニイ、長丁場得意のディバインフォースなど。

■東京5Rの新馬戦でアスクヴィヴァユーなどがデビュー
 東京5Rは芝1800mの新馬戦。GI馬ダノンプラチナの全弟アスクヴィヴァユー、セレクトセール7040万円のディープインパクト産駒牝馬ティズグロリアス、亜GI勝ち馬を母に持つサトノレギオンなどがデビュー。

■阪神5Rの新馬戦でホープインザダークなどがデビュー
 阪神5Rは芝1600mの新馬戦。ダービー馬ディープブリランテの甥にあたるモーリス産駒ホープインザダーク、重賞勝ち馬を母に持つロードカナロア産駒アドマイヤジェイ、セレクトセール1億円超えのドゥラメンテ産駒ヴァレーデラルナなどがデビュー。

■阪神3Rでショウナンアデイブの勝ち上がりなるか
 阪神3Rで行われる芝2000mの未勝利に、超高額のディープインパクト産駒ショウナンアデイブが出走する。前走、同コースの新馬戦では長く脚を使って盛り返すも2着。素質の片りんは見せただけに、2戦目のここで勝ち上がりが期待される。鞍上は浜中俊騎手。

■杉原誠人騎手のバースデー
 本日は杉原誠人騎手の29歳の誕生日。新潟メインのビリーバーなど5鞍の騎乗を予定している。

■地方では3重賞
 高知競馬場では18時05分に2歳重賞・黒潮ジュニアチャンピオンシップが行われ、3連勝中のリワードタイフォンなどが出走。盛岡競馬場では18時15分に2歳重賞・南部駒賞が行われ、前走芝のジュニアグランプリを制したモリデンブラックなどが出走。帯広競馬場では20時05分に北見記念が行われ、連覇を目指すメジロゴーリキなどが出走する。

関連リンク

  • 10/31 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます