〈2021秋ドラ美女特集〉倉科カナ「婚姻届に判を捺しただけですが」an・anで魅せたバストに業界内からある期待が…

拡大画像を見る

 TBS系ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」と「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」(テレビ東京系)にかけもちで出演している倉科カナ(33)。11月18日放送の「ドキュメンタリードラマ 命のバトン」(NHK・BS1)にも出演し、「最も忙しい女優」として知られているが‥‥。

 ドラマに出ずっぱりの倉科が日本中を驚かせたのが、今年9月に女性誌「an・an」の美乳特集号で公開した「手ブラグラビア」だ。芸能関係者が語る。

「倉科が表紙で披露したのは、上半身素っ裸となり腕だけでバストを隠す大胆な手ブラカット。推定Gカップのたわわな乳を、乳首が見えそうなギリギリのラインで隠すという極めて刺激的な内容なのですが、何よりも衝撃だったのが、33歳とは思えない質感ですね」

 年齢やたるみを感じさせない「無重力バスト」に激震が走った。

「ただ大きいだけでなく、なめらかな形状と無重力空間にいるかのような張りが素晴らしい。『ミスマガジン』時代の19歳当時と遜色のない『奇跡の美乳』でした」(前出・芸能関係者)

 世間でも男女を問わず絶賛の嵐となった倉科の大胆手ブラ。発売から1カ月経った10月22日現在も大手通販サイト「Amazon」の「エステティック部門」で堂々1位に君臨している。

 前出の芸能関係者は、

「業界内では彼女の『フルヌード宣言』に大きな期待が集まっているんです」

 として、こう鼻の下を伸ばす。

「半年ほど前から、倉科自身が関係者に『今がしっかりと脱げる最後のタイミング』『出し惜しみせずに脱いでいく』と宣言しているんですよ。彼女は今後、本格派女優としての路線をさらに押し進めていく意向のようで、作品によっては乳首露出も含め、フルヌードを披露するのも厭わないとの考えを明言している。背景には『役者として一皮剥けたい』という強い思いがあるのではないでしょうか」

 こうした中で日の目を見たのが「an・an」のグラビアだったということか。

「今回の手ブラ写真は、これから躊躇せずに脱いでいく彼女の決意表明と捉えられる。その場として人気女性誌を選んだ点に、倉科らしさが垣間見えますね」(前出・芸能関係者)

 なぜ「an・an」を選んだのか。

「倉科は『女性が見て喜んでくれるヌード』をテーマとして思い描いているようなのです。今後、彼女のヌードを巡り、女性誌で争奪戦が勃発するかもしれません」(前出・芸能関係者)

 彼女の動向から目が離せない。

関連リンク

  • 10/31 5:57
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます