「女性を口説くなら…」中島健人がスイートルームで魅せた“男の色気”

ジュニア時代から熱狂的にファンに愛され、2011年にSexy Zoneとしてデビューした中島健人さん。

自ら履歴書を送り、アイドルへの道を拓いた男は、華々しいキャリアとともに陽の当たる道を歩んできた。

「セクシーサンキュー」や甘い言葉でファンを姫扱いし、“現代の王子様”とも。

そんな彼が少しだけ見せてくれた素顔を、WEBだけの撮影裏話も含めてお届け!

「セクシーのその先、そんなスタイルになってますね」


少し眠たげな目で現場入りしたその人は、撮影前からホスピタリティにあふれていた。

支度部屋の横で打ち合わせ中の我々の耳に飛び込んできたのは、「俺がもし女優さんだったら、東京カレンダーの表紙になったら超嬉しいだろうなぁ」という声。

面と向かって言われるよりも嬉しい、そんな言葉にスタッフ皆が微笑む。

撮影コンテにもしっかりと目を通し、用意された衣装の説明に耳を傾ける。“お任せします”というタレントも多いが、彼は違った。

「“セクシーのその先”、っていう感じがしますね」と、自ら選んだ衣装に袖を通した。

アイドルグループ、Sexy Zoneのメンバーとしてデビューして10年。

14歳で自ら“アイドルになりたい”と、ジャニーズ事務所の門を叩いた中島健人さん。

ジュニア時代を含め、現在に至るまで華々しい道を歩んできたことは、本人も否定はしない。

「王道っちゃ、王道……、まぁそうですね。『アイドル』っていうタイトルの映画で主役を生きている感じですね」

「スイートルームに中島健人。完璧じゃないですか?(笑)」


もうまもなく、“人生の半分がアイドル”になる彼に言わせれば、現代のアイドルにホスピタリティは不可欠だという。

「昔はただいるだけでよかったかもしれないですけど、今は違う。求められることに応えること。アイドルの究極はそこだよね」

ファンへの“神対応”でも知られる中島さん。「セクシーサンキュー!」の台詞と決めポーズはもちろん、次々とささやく甘い言葉で人々を籠絡する。

それは自身に“求められていること”と自覚しているからこそ、だ。

今回の撮影でも我々のリクエストに応じ、次々とポーズを決めていく。物憂げな表情からクールでミステリアスな表情まで、“かっこよさ”は微塵も揺るがない。

だがふと、“悪い男”の顔がモニターに映し出された瞬間があった。これまでにないワイルドな男っぽさに、思わず見入ってしまう。

すると横から、「本性が出ちゃってるね。そろそろ皆さんにも分かってもらいたい」と意味深な笑みを浮かべた。

今後はこういった“悪い”中島健人も出していくのか?、そう投げかけずにはいられなかった。

すると、「見たいでしょ?きっとそんな感じがする」。そう言い残し、またカメラの前へと戻って行った。

とことん、かっこいい。かっこ良すぎるではないか。

撮影裏話を少しだけお届け!撮影時に中島さんが見せた数々の気遣いとは?

だが、そのキャラクターに、行き詰まりを感じたこともあったという。

「今となっては、自分の代名詞になってくれたけど、迷った時期はあって。ファンに対して“リア恋の相手”、みたいな見せ方でやってきたけれど、歯止めがきかなくなってきちゃって。

甘い言葉もどこまでがフィクションなのか、自分でもわからなくなった(苦笑)」

その言葉が示すものは至る所で感じた。

桜丘の入り口にたたずむ「セルリアンタワー東急ホテル」。撮影が行われたシガーバー『R261 CIGAR & ROCK』は、まるで映画のセットのようなバー


それはシガーバーでの撮影時のこと。ヘアを直しに入ったメイクさんに、「ごめんね」と気遣う言葉を頻繁にかけているのを見た時だ。

それだけではない。サッとドアを引いたり、取材しやすいようレコーダー側へと体を傾けたり。

ほんの短い時間の中でも、中島さんのさり気ない気遣いを随所に感じる瞬間がたくさんあったからだ。

“リア恋の王子様”は、撮影をしていない場所でも確かに、いた。

「ウイスキーの香りに想いを乗せて口説くのもいいよね」


シガーバーでのシューティングの一幕。

「色気って、出そうと思っても出せないもの。でも、夜の色気は別。香水やシガー、ウイスキーの香りに自分の想いを乗せて漂わせる。そんな口説き方があってもいいよね。

でも、もしキスするタイミングがあるなら、タバコのフレーバーはおすすめしないけれど(笑)」

そんなセリフも飛び出していた。

中島さんが思う“セクシーのその先”とは?


最後に、中島さんの考える“セクシーのその先”について、聞いてみた。

「まぁ、なんだかんだ20代後半って、悩ましい時期なんですよね(笑)。正直、全然うまくいかないこともあるんです。仕事もプライベートも。

でも葛藤や苦悩が、結果として男としての色気につながったら、いいよね。悲しい思いをしている方がセクシーさもより滲み出ると思うし。

そこに香水やウイスキー、シガーとか、身に纏った香りが幾重にも重なって、男の色気って醸成するんだと思う。

セクシーのその先はまだつかめていないけど、男として確かな色気は纏いたいな」

そう言って席を立った彼の残り香は、スパイシーでウッディ、そしてセンシャルな香りがした。まるでそれが答えだと言わんばかりに。

最後まで、セクシーな余韻を残して。

中島健人さんが訪れたのは「セルリアンタワー東急ホテル」


眺望が自慢の37階のスイートルームは数々の撮影が行われており、室内を観覧できるプラン2名 40,000円~も大人気だとか。

隠れ家感のあるバーと、開放的な客室のシチュエーションを中島さんも楽しんでいた。

【WEB限定】編集部は見た!中島さんの撮影裏話


今回、東京カレンダーに初めてご登場いただいた中島健人さん。

撮影現場にご用意した数ある衣装のなかから、中島さんが選んでくださったシャツは、透けたデザインのセクシーなものだった。

撮影テーマ「セクシーのその先へ。」を意識してくださったようで、「これこそセクシーの先って感じがするよね?」と。

編集部の意図を汲んでくださるその気遣いに、現場にいたスタッフ一同、感動。

また、舞台となったホテルのスイートルームは、中島さんの主演ドラマ『彼女はキレイだった』の撮影場所でもあった。

「縁を感じますね」と笑顔で話し、記念撮影をする姿が印象的だった。


■プロフィール
中島健人 1994年、東京都生まれ。小学6年生でジャニーズに興味を持ち、自ら履歴書を送る。中学3年生で入所し、半年後にはドラマ出演。ジュニア時代から多くのファンを獲得し、2011年、Sexy ZoneとしてCDデビュー。現在は俳優としても活躍中。愛称は“ケンティー”



東京カレンダー最新号では、中島健人さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
自身が尊敬するジャニーズの先輩について、そしてSexy Zoneのこれからについてもたっぷり、そして熱く語ってくれています!撮りおろしの写真も必見です!

アプリのダウンロードはこちらから。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/31 5:02
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます