【復活】池袋ハロウィン コスプレフェス2021 / 久しぶりのコスプレイベント1日目

拡大画像を見る

2021年10月30日から31日の期間、池袋サンシャインシティにて開催中の「池袋ハロウィン コスプレフェス2021」。2020年は新型コロナウイルスの影響で中止となったため、1年ぶりの開催だ。

そもそも、比較的大きなコスプレ関連イベント自体が、かなり久しぶりな気がする。間が空いたため、流行りの傾向などがどのようになっているのかなども興味深いところ。ということで、久しぶりの国内のコスプレ記事いってみよう!

・感染症対策

さて、コスプレを紹介する前に大事なことに触れておこう。今回の池ハロは、運営側による感染症対策への配慮が行き届いており、来場者のマスクの着用や検温などが徹底されていたぞ!

コスプレ参加者以外が撮影時以外にマスクを外すなどすると、見回っているスタッフの方から注意がなされる仕様。ゆえにカメラマンは、常時マスクの着用がマスト。そして、撮影されている時のコスプレ参加者は基本的に無言なので、参加している人数の割には静かなものだ。

そもそも販売したチケットの数も絞っていたのではなかろうか。確かに混んではいたが、毎年参加している筆者の体感的に、例年と比べたら空いているスペースが広くて移動しやすかった。

・傾向は

それでは気になるコスプレについて。昨今の流行り的に「ウマ娘」や「原神」、「鬼滅の刃」あたりのキャラクターばかりになるのではと予想を立てていたのだが、そんなことはなかった

確かにそれらの作品のキャラクターも見られたのだが、全体的に新旧様々な作品に均等にばらけているように感じた。この手のコスプレイベントで、特に強い勢力が見当たらないというのは久しぶりな気がする。

とまあ前置きはこれくらいにして、そろそろ現地で見かけたコスプレイヤーさん方の写真をお見せしていこう! 撮影させて下さった皆さん、本日はありがとうございました!

執筆:江川資具
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 10/31 1:07
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます