マンCが今季2敗目…前半終盤に退場者、クリスタル・パレスに2失点敗戦

拡大画像を見る

 プレミアリーグ第10節が30日に行われ、マンチェスター・Cとクリスタル・パレスが対戦した。

 6分、クリスタル・パレスが先制する。前進を試みたアイメリク・ラポルテに対し、コナー・ギャラガーがプレスをかけてパスミスを誘発する。これを拾ったウィルフレッド・ザハはギャラガーとのパス交換で前進し、最後はペナルティエリア左からザハが左足でゴール右下に流し込んだ。

 失点後は一方的にボールを支配しながら、ブロックを敷くクリスタル・パレスの攻略に苦しむマンチェスター・C。そんななか迎えた前半アディショナルタイム2分、ザハとの入れ替わりを阻止したラポルテに、DOGSO(決定的な得点機会の阻止)でレッドカードが提示される。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のチェックも入ったが判定は変わらず、マンチェスター・Cは試合の半分を10人で戦うことになった。

 ビハインドで折り返したマンチェスター・Cは60分、途中投入されたばかりのジョン・ストーンズがハーフウェーライン付近からロングフィードを供給。抜け出したフィル・フォーデンは右足でゴールに向かうボールを送ると、抜け出したガブリエウ・ジェズスが合わせて押し込んだ。しかし、VARのレビューの結果、フォーデンのひざがわずかにオフサイドラインを越えていたとして、得点は取り消された。

 88分、クリスタル・パレスがカウンターからダメ押しの追加点を獲得する。ファイナルサードまでマイケル・オリーズが運び、ペナルティエリア左のザハに託す。粘ってボールをキープしたザハはオリーズに返すと、オリーズはワンタッチで落とし、後ろから飛び込んだギャラガーが流し込んだ。

 試合はこのまま終了。マンチェスター・Cは開幕節以来の黒星で今季2敗目、クリスタル・パレスはリーグ戦6試合ぶりの白星で今季2勝目となった。

 次節、マンチェスター・Cはチャンピオンズリーグのクラブ・ブルージュ戦を挟んで、11月6日にマンチェスター・Uと対戦。クリスタル・パレスは同日にウルヴァーハンプトンと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 0-2 クリスタル・パレス

【得点者】
0-1 6分 ウィルフレッド・ザハ(クリスタル・パレス)
0-2 88分 コナー・ギャラガー(クリスタル・パレス)

関連リンク

  • 10/31 0:58
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます