【モテテク】男性がキュンとする♡デート終わりのLINEって?

デート終わりのお礼LINE、どのように送ったらよいか悩みませんか?
できれば、次につながるようなメッセージにしたいですよね。

またデートに行きたくなるようなLINEで、男性の心をキュンとさせちゃいましょう!

(1)「すみません」より「ありがとう」



「ごちそうしていただいてすみません」や「送ってもらってすみません」など、「すみません」を伝えていませんか?
これからは、「ありがとう」に変えて送ってみてください。

謝られるよりも感謝を伝えられたほうが、誰だって嬉しく感じるものです。
男性は女性に喜んで欲しいと、デートプランを考えていることも多いので、「ありがとう」を伝えるようにしましょう。

(2)「楽しかった」ことを伝える



デート中は緊張してしまい、感情を上手に表現できないことも多いですよね。
楽しいと思っていても、男性に伝わっていない可能性もあります。

楽しんでいることが伝わっていなければ、男性は「楽しんでくれたのか不安に感じる」との声も聞かれました。
お礼LINEでは、デートが「楽しかった」ことを言葉で伝えましょう。

(3)エピソードを一つ入れる



「ありがとう」や「楽しかった」を伝えることは大事ですが、それだけでは社交辞令に思われる可能性もあります。
デートでのエピソードを一つ加えると、より「楽しかった」ことが伝わりやすくなるもの。

たとえば、「〇〇に行けて嬉しかった」や「お店の料理がとっても美味しかった」など、簡単なエピソードでOKです。
長々と感想を書くと読みづらくなるので、簡潔にエピソードを一つ入れておきましょう。

(4)次回のお誘い



次回のデートにつながる言葉を入れておくと、「楽しかった」ことが強く伝わりやすくなります。
たとえば、「今日お話にでてきた、〇〇へ行ってみたいです」や「また一緒に飲みたいです」など。

次回のデートを考えていると分かれば、男性からも誘いやすくなるでしょう。
具体的に誘うのが恥ずかしいのなら、「また誘ってください」や「お会いできるのを楽しみにしています」でもOKですよ。


「楽しかった」ことや「嬉しかったこと」を伝えるように、お礼LINEを考えてみましょう。
少し大げさなくらいに伝えてもいいかもしれません。

絵文字やスタンプも上手に利用して、ポジティブな感情を送ってみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/30 22:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます