【アルテミスS結果】サークルオブライフが連勝で出世レースを制す!デムーロ騎手は重賞100勝達成

拡大画像を見る

 30日、東京競馬場で行われたアルテミスS(2歳・牝・GIII・芝1600m)は、後方でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の7番人気サークルオブライフ(牝2、美浦・国枝栄厩舎)が、直線で外に出されてよく伸び、抜け出していた2番人気ベルクレスタ(牝2、栗東・須貝尚介厩舎)をゴール寸前で差し切って、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒0(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に8番人気シゲルイワイザケ(牝2、栗東・渡辺薫彦厩舎)が入った。な、1番人気フォラブリューテ(牝2、美浦・宮田敬介厩舎)は5着、3番人気ロムネヤ(牝2、美浦・国枝栄厩舎)は8着に終わった。

 勝ったサークルオブライフは、父エピファネイア、母シーブリーズライフ、その父アドマイヤジャパンという血統。9月の未勝利に続く連勝で重賞初制覇を飾った。

 鞍上のM.デムーロ騎手はこの勝利で、JRA重賞通算100勝を達成した。

<アルテミスSダイジェスト>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連リンク

  • 10/30 17:36
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます