目黒蓮・道枝駿佑『消えた初恋』勉強イチャキュンからの残酷すぎるすれ違い、道枝の揺れる瞳にファン悲鳴「胸が苦しい」

拡大画像を見る

 なにわ男子の道枝駿佑(19)とSnow Manの目黒蓮(24)がダブル主演を務めるドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系)の第3話で、通じかけていた青木(道枝駿佑)と井田(目黒蓮)の想いが再びすれ違ってしまい、多くの視聴者が胸を痛めたようだ。

 このドラマは、現在『別冊マーガレット』(集英社)で好評連載中の、アルコ氏が作画、ひねくれ渡氏が原作を担当する同名タイトルコミックが原作。

 10月23日放送の第3話は、青木は橋下さん(福本莉子/20)は井田を好きだと思い込んでいたが、実は親友の“あっくん”こと相多(鈴木仁/22)を好きなことが判明。また、青木が井田を好きなことを知った橋本さんは、「その気持ち大事にしなきゃダメだよ」と、男子同士の恋を応援した。

 しかし、青木は勘違いの恋愛騒動でまったく勉強が手につがず、テストの点数がまさかの1ケタ。落ち込む青木を見かねたあっくんは、高得点だった井田に勉強を教えてほしいと頼むが、井田は理数系以外はそこまで得意ではないと消極的。

 すると、井田の言葉を聞いた橋下さんが、自分は文系が得意だと言ったため、その日の放課後、4人は家族が外出しているという井田の家で勉強会をすることに。好きな人の部屋に初めて入った青木は、緊張しつつも浮かれていた。

■気持ちが通じたと思いきや…

 そして、井田と2人きりになった青木は、自分の告白を忘れてしまったのかと詰め寄る。これに井田は「俺だって最近オマエのことばっかり考えてる」「忘れたんじゃなくて、どう接すればいいかって考えてた」と告白し、「不安にさせてごめん」と謝った。

 そんな井田の言葉に照れた青木は、カーテンにくるまって井田を恥ずかしそうに見つめたのだが、このやりとりを見ていた視聴者は、ツイッター上で「カーテンにくるまる青木、あざとかわいすぎるやろ!」などと、道枝の胸キュン演技に興奮していた。

 ようやく、勘違いから両思いモードに進展すると思われた青木と井田だったが、2人の勘違い恋愛を知ったあっくんが、余計なお節介で介入。井田を屋上に呼び出すと、「青木は井田のことを好きってのは誤解だったんだ」と明かし、強引に青木に謝罪させる。

 あっくんが「あとは2人で話し合ってくれよ」と立ち去り、2人が無言で向かい合うと、井田は「なんだよ、本気で悩んだのに」とポツリ。言い訳をしようとする青木の言葉をさえぎるように頭ポンすると「勘違いで良かった」を笑みを浮かべ、「俺もこれでスッキリした」と言って去った。

 自分の気持ちをごまかしてきたせいで、取り返しがつかなくなったことで、青木は本気で井田のことが好きだったことを自覚。無言で1人で屋上に立ちすくむ青木の瞳は、井田を失った悲しみで揺れていた。

■道枝駿佑が完全ブレイクなるか

 切ない別れのシーンに、視聴者は「想いが通いかけたのに、またすれ違ってしまって、見てるだけで胸が苦しくなってしまった」「これからみんな幸せになれる? と思っていたら、最後が切ないと言うか、とてもつらくて苦しくなった。青木くん、頑張れ~」など、道枝の演技に感情を揺さぶられ、青木の幸せを願っていた。

 ドラマのほか、今年3月公演の舞台『ロミオとジュリエット』では、ロミオ役で舞台初単独主演を務めるなど、俳優として実績を積み、ジャニーズの若手では抜群の演技力を持つ道枝。

 今回のような、瞳を揺らして青木の胸中を表現するなど、繊細な演技力も身につけており、10時台ドラマのメインキャストに抜擢されるのも、遠いことではないだろう。(ドラマライター/ヤマカワ)

■これまでの流れを動画でおさらい!

 4人の関係は、これからどうなってしまうのか? 動画はツイート内のリンクから!

※動画はテレビ朝日『消えた初恋』公式ツイッターアカウント「@oshidoraEX」より

関連リンク

  • 10/30 20:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます