橋本愛、シースルードレスでレッドカーペット登場 アンバサダー務める「自分にできることをやりたい」<第34回東京国際映画祭>

【モデルプレス=2021/10/30】「第34回東京国際映画祭(TIFF)」のフェスティバルアンバサダーを務める俳優の橋本愛が30日、東京国際フォーラムにて行われたオープニングイベントに登壇した。

第34回となる今回は、東京国際フォーラムにてレッドカーペットアライバル、オープニングセレモニーが行われた。

ホワイトのドレスに花柄のシースルードレスを重ねた爽やかなスタイルで登場した橋本。

開幕を受けての気持ちを問われると「この映画祭が皆さんにとって楽しいものになるように自分にできることをやりたい気持ちと、面白い作品が沢山あるので皆さんに知ってもらえるように頑張りたいと思います」とアンバサダーとして意気込みを明かした。

◆「第34回東京国際映画祭」

同映画祭は今年からメイン会場を六本木から日比谷・銀座・有楽町エリアに移転し、プログラマーの交代による部門改変も行い、大きくギヤチェンジ。1年半以上に及ぶ新型コロナウイルス禍は映画業界にも大きな影響を与えているが、今年も以下の目的を掲げ、映画館でのフィジカルな上映を基本として実施していく予定。

1.コロナを越えたその先の映画の在り方を考えていく

2.国際映画祭として「国際」色を高めていく

3.男女平等、環境保全などSDGsへ積極的に取り組んでいく

上記目的をふまえつつ、今年は大きなテーマの1つとして「越境」というコンセプトを掲げる。コロナによるコミュニケーションの断絶、男女差別、経済格差、国際紛争、色々なボーダーが世界にはあると思われるが、そういったものを乗り越えて、さらにその先にある映画の姿を観て頂きたいという思いを持って開催に臨むとしている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/30 19:26
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます