木下優樹菜、“脱金髪&涙声”の効果は? 「付け焼き刃」「ウソ臭い」黒髪謝罪が逆効果だったタレントたち

 2020年7月に芸能界を引退した木下優樹菜が今月28日、自身のYouTubeチャンネル「木下優樹菜」を開設。最初の配信として、19年9月に起こした“タピオカ恫喝騒動”について涙声で謝罪したが、コメント欄には「反省しているように見えない」などと辛らつな声が並んでいる。

 東京都内のタピオカドリンク店の店長が“木下からSNSなどで脅され、精神的苦痛を受けた”として1,000万円の損害賠償を求める訴訟を起こし、今月27日に東京地裁が「脅迫行為に当たる」と認め、木下に40万円の支払いを命じた。

 この判決の翌日夜、木下は7分45秒の動画を公開。黒髪をピンク色らしきゴムで後ろに束ね、白シャツを着た木下は、「判決が出ました」と口火を切り、「今回、自分のしてしまったことが、脅迫という結果になり、それを真摯に受け止めています。本当に嫌な思いをさせてしまった相手の方、不快な気持ちにさせてしまった皆さん、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。

 加えて、「みんなの前に立って仕事がしたい、という気持ちがやっぱりすごく強くて、この2年間、いろんな仕事も考えましたけど、この仕事しかできないと思いました」「娘たちのためにも働きたい。働かなきゃいけないし、私も頑張りたいので、これからもまた一から活動させていただきたく思います」と芸能活動再開を発表した。

 そんな木下のインスタグラムには、ファンから「ユッキーナ! おかえり」「優樹菜さん、味方がいること忘れず、頑張ってください」「間違ったことしてないよ! 応援してます」と励ましのコメントが寄せられる一方で、謝罪動画のコメント欄には「ホント都合が良すぎる。反省していると言うわりに法廷へ行かなかったのもおかしいと思います」「あんなに楽しんでるインスタにあげてたのに、今さら感すごい」「インスタの投稿と温度差ありすぎ。こんなに演技うまかったんですね」などとネガティブな書き込みが並んでいる。

「裁判中に謝罪すれば恫喝行為を認めたことになるとの考えから、このタイミングでの謝罪になったのでしょう。しかし、それは当人の都合であり、世間からしたら『何を今さら』と言いたくなるのも当然。ロンドンブーツ1号2号・田村淳も同日、自身の配信で『今謝るんだったら、もっと前に謝ればよかったのに』『ヤンキーのわりには、あんまり筋通せないなって感じはしますけどね』『裁判の判決が出た日(正しくは翌日)に謝罪でYouTubeをあげるっていうのは、もっと別の筋の通し方されたほうが良かったんじゃないかな』と木下のやり方に異を唱えていました」(芸能ライター)

 ネット上でさまざまな意見が飛び交う中、木下が金髪を黒く染めたことにも疑問の声が上がっている。木下は今月21日、自身のインスタグラムで「7,8年ぶりの黒髪ロングにした----」(原文ママ、以下同)とニューヘアを披露。この時、「ハイトーン1年ちょいやって pink hairもしたし いったん 髪の毛いたわるテキナユキナ」と髪へのダメージを気にして染めたと説明していたが、今となっては鵜呑みにする人は少ないだろう。

「やはり、謝罪に向けて計画的に黒髪にしたと捉える人が圧倒的で、ネット上では『謝罪のときだけ黒髪で反省してるふうにするのってどうなの?』『付け焼き刃の黒髪で反省してる感出してるし、なんだかなあって感じ』という声が続出。芸能事務所退所後、ほぼインスタでしか発信を行ってこなかった木下ですが、そこには高級ホテルのプールで恋人の湘南ベルマーレ・三幸秀稔選手と遊ぶ姿や、コロナ禍にもかかわらずノーマスクの友人らとBBQを楽しむ様子など、“反省の日々”とはほど遠い生活ばかりが写し出されていました。その印象が世間に広まっているせいで、黒髪にしたことが“ウソ臭さ”を漂わせてしまったともいえます」(同)

 そもそも、芸能人が謝罪時に黒髪にする必要性については、以前からネット上で議論が交わされてきた。

「黒髪ではないですが、13年に当時AKB48のメンバーだった峯岸みなみがYouTubeに“丸刈り謝罪動画”を公開した際、ビジュアルばかりが注目を浴び、謝罪の言葉がまったく印象に残らなかった。そういう点からも、謝罪に際して見た目を大きく変えるのは望ましくないとの意見もあります。ただ、“金髪=反省していない”というイメージを持つ人も一定数いますから、謝罪を控えるタレントに対し、当然のごとく黒髪にさせる芸能事務所は少なくないようです」(同)

 近年の黒髪謝罪といえば、暴行容疑で逮捕後、19年4月に警察から保釈された当日に謝罪会見を行ったAAA(当時)・浦田直也が印象的だ。浦田は保釈から会見までの2~3時間の間に急きょ金髪を黒染めしたものとみられており、会見内容のお粗末さもあって、当時「保釈後にまずやることが黒染めって……」「髪染める時間があったら、謝罪の言葉を考えたほうがよかったのでは」とあきれる人が相次いだ。

 また、金髪とあご髭がトレードマークだった巨人・中田翔も、今年8月に報道陣の前で暴行問題を謝罪した際、黒髪で登場。同時に髭もきれいに剃られていた。

「一方、19年7月、吉本芸人の闇営業問題をめぐる謝罪会見に宮迫博之と共に登場したロンドンブーツ1号2号・田村亮は、芸能活動時と同じく金髪のまま登場。その姿に『金髪で謝罪なんてありえない』『黒にするべき』との声が上がる一方で、『反省の色は、発言と表情から十分伝わってきた』と好意的な声も目立ちました」(同)

 人によっては、「ウソ臭い」と批判のネタにされてしまう黒髪謝罪。木下の場合は、逆効果となってしまったようだ。

  • 10/30 16:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます