環境に配慮「ラベルレス」飲料 「何の商品かわからない」どう乗り越える

拡大画像を見る

近年、商品名などが記載されたラベルを排除した「ラベルレス」の飲料が各企業から続々登場している。資源を削減でき、環境にやさしい一方で、ラベルは「商品の顔」ともいえる重要な要素。まっさらなまま店先に並んでいたら、消費者側も「何の商品?」と戸惑ってしまいそうだ。

そこで、J-CASTトレンドは、流通アナリストの渡辺広明氏に、ラベルレス飲料の課題と今後どう進化していくのか予測を聞いた。

ラベルレスが適しているチャンネルは

まず、ラベルレスの飲料は、無駄な資源を生まないので「良いこと」と渡辺氏。ただ、販売チャンネルを分けて考えると、マーケティング的には適しているチャンネルとそうでないチャンネルがあるという。

ケースでまとめ買いが前提となっているチャンネルでは、ラベルレスは「適している」。ECサイトやEDLP(エブリデーロープライス=毎日低価格)のスーパーマーケット、コストコなどだ。何の商品かは箱の記載で認識でき、資源削減になる。ラベルがないぶん原価も下げられることが考えられ、消費者側も安く購入できる、とメリットを挙げた。「自動販売機」でも、外のパッケージで商品がわかるためラベルレスでも良い、とした。

しかし、コンビニエンスストアのように、1本ずつ単品買いする店では、「全社対応は非常に難しいと思う」と話す。ラベルレスがずらっと並んでいると、何の商品かわかりにくい。実際に、現状ではラベルレスの飲料のほとんどが通信販売限定だ。「今はまだコンビニで、ラベルレスで売っているメーカーが少ないので差別化できています。ただ、今後全メーカーがラベルレスで売り始めたら、何が何だか分からなくなるのは事実ですね」と指摘した。

ボトルすらない世界になっていくかも

コンビニでラベルレスの飲料が増えてくれば、各メーカー、自社商品を「魅せる工夫」が試されるようになる。例えば、ペットボトル自体の形状を変えるなど、ボトルを進化させる。すでにコンビニで、ラベルレスで売られているサントリー食品インターナショナルの「伊右衛門」は、「ボトルに凹凸があり、通常のペットボトルとは異なる特徴があります」。

ほかにも、店頭で客の興味を引くために貼られている「アテンションシール」を大きくするなどして個性を出したり、飲料の色で商品をアピールしたりと、新しいラベルレスの商品が生まれるのではないか、と渡辺氏。

さらに、環境に配慮したものを考えなければ、消費者に支持されない時代になってきている、とも。環境のことを考えれば、本当はペットボトルすらないほうが良い。渡辺氏は、

「最終的には、コンビニに『ドリンクディスペンサー』が導入されて、消費者側がマイボトルを持参して、ボトルすらない世界になっていくかもしれません。そこが最終形なんじゃないでしょうか」

と話した。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/30 18:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます