池松壮亮と伊藤沙莉、映画『ちょっと思い出しただけ』特報公開

拡大画像を見る

『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画をつくったら〜』や『くれなずめ』と2021年も注目作が続いている松居大悟監督が、主演に池松壮亮と伊藤沙莉を迎えた2022年早春全国公開のオリジナルラブストーリー『ちょっと思い出しただけ』。

2021年10月30日(土)より開催される第34回東京国際映画祭ではコンペティション部門に選出されている本作だが、このたび特報が解禁された。




怪我でダンサーの道を諦めた照生(てるお)とタクシードライバーの葉(よう)。2人を中心に関わる登場人物たちとの会話を通じて都会の夜に無数に輝く人生たちの機微を繊細かつユーモラスに映し出す。年に一度訪れるある1日を、現代を反映させつつ描いた松居監督独自の物語。


34回目を迎える東京国際映画祭(TIFF)は、日本で唯一の国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭であり、2021年はメイン会場を六本木ヒルズから日比谷・有楽町・銀座地区に移動して開催する。11月2日(火)、11月7日(日)に角川シネマ有楽町にて上映される本作は、チケット一般販売開始からわずか10分ほどで完売、コンペティション部門15作品の中では最速で売り切れるなど、松居監督が熱望した東京国際映画祭コンペティション部門初受賞に期待がかかっている


初解禁された本作の映像は約30秒の特報予告。

「ずっと会話になんてなってなかったのかもね。」

葉(伊藤沙莉)の言葉と、ものかなしいそれぞれの表情から始まった映像は、一変してすぐに幸せな二人を映し出す。二人で住んだ家、二人で乗ったタクシー、二人だけの水族館、二人で観たあの映画、二人で食べたケーキ。“ある一日だけで綴られる6年間”。これは二人が幸せだった時間を意味するのだろうか。まるで幸せが溢れ出てしまったかのように「来年の誕生日プロポーズしよ。」と呟く照生(池松壮亮)。思わぬ一言に嬉しそうに聞き返す葉だが、照生は笑って誤魔化してしまう。“二度と戻れない なんでもない 愛おしい日々”がこれまで映し出されてきた二人の時間を思い起こさせる。そしてその後に続くのは、本作のタイトル『ちょっと思い出しただけ』と屋上で花火をする葉と照生。

冒頭から終わりにかけ大きく変化した二人のセリフと表情、さらにタイトルが意味するものは…。


ティザービジュアルの解禁、そして特報の解禁とますます二人の物語に惹きつけられる。第一報解禁から徐々に物語の全貌が明かされている本作に、引き続き注目したい。




■映画『ちょっと思いだしただけ』
2022年早春全国公開
配給:東京テアトル
出演:池松壮亮、伊藤沙莉


(C)2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会


関連リンク

  • 10/30 18:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます