〈2021秋ドラ美女特集〉上白石萌音「カムカムエヴリバディ」バスト急成長で朝ドラを席捲する

拡大画像を見る

「モネ」から「萌音」、そして「萌歌」へ。NHKの朝ドラで微笑ましい姉妹リレーが繰り広げられる。その内情を探ると、知られざる遺恨が渦巻いているようで‥‥。

 好評を博したNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の後を継ぎ、11月1日スタートの「カムカムエヴリバディ」でヒロインを務める上白石萌音(23)。

 彼女の妹である上白石萌歌(21)は22年前期の同枠「ちむどんどん」に出演することが決定。「姉妹続けて朝ドラ出演」が話題となっている。

 今や超売れっ子姉妹となった両者の間で、日頃から競い合っているのが「いいカラダ対決」だという。映画関係者が語る。

「仲がよさそうなイメージですが、2人とも超がつくほどの負けず嫌い。双方が過剰なまでにライバル意識を持っているんです。それも芝居に関してだけでなく、自らのボディについても張り合っているんですよ」

 そうした中で、業界人へも、実り始めた美ボディのアピール合戦が。

「かねてから親しい業界関係者に姉妹が揃って会うと萌音も萌歌も『私のほうが仕上がったカラダじゃないですか』とアピールするのがお決まりの光景。とりわけ一歩も引こうとしないのは姉の萌音です」(前出・映画関係者)

 自慢の武器は鍛え上げられた腹筋だ。

「萌音は『試しに腹筋を触ってみてください』『私のほうが引き締まっています』とハードな筋トレで鍛えた自慢の腹筋を触らせて『妹よりいいカラダ』をアピールしている。たしかに女優の中でも珍しい“腹筋美女”ではあるのですが、そこまでして勝ちたいのか、と大人げない気もします」(前出・映画関係者)

 萌音と萌歌、全く見分けがつかないオジサン世代が知っておきたいのは身長差。152センチで小柄な姉の萌音に対し、萌歌は163センチと、妹のほうが11センチも背が高いのだ。映画関係者が続ける。

「2人の芸能界入りのきっかけとなったのは、11年の『東宝シンデレラオーディション』。当時から業界では『小さいほうの上白石』『大きいほうの上白石』と呼ばれていました。妹よりもスタイルが悪く見られがちということもあって、背の低い萌音にとっては少なからずコンプレックスになっていたと思いますよ」

 そうこうするうち、萌音のボディが大変身を遂げていく。

「15年頃から萌音のバストが急成長。以前は同程度だった萌歌よりもアップしたので、『身長かオッパイかまぎらわしい』とのことで『小さいほう』とは呼ばれなくなりました。その後、萌音は筋トレでバストアップを叶え、今では推定Eカップ。萌歌は19年のNHK大河ドラマ『いだてん』に出演した際、役作りで7キロ増量。再び痩せたことで胸が際立つようになり、推定Dカップで姉を猛追しています」(前出・映画関係者)

 急成長バストで日本の朝に活気を与える上白石姉妹であった。

関連リンク

  • 10/30 17:57
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます