「ここでそれはなくね?」男に育ち悪い認定される女性の【極悪ルーティン】

拡大画像を見る

 男性にとって女性の「育ちのいい・悪い」は、恋愛において重要視するポイントだそう。女性が上品に振る舞おうとしても、ちょっとした仕草などで男性は「育ちの悪さ」を察知します。そこで今回は、男性に「育ちが悪い」と認定される女性の特徴についてまとめてみました。 


食事のマナーが悪い

幼いころからの悪習慣が出やすい場が食事時。肘をついていたり、箸の持ち方や使い方が悪かったりすると「育ちが悪いのかな」と思われるでしょう。ほかにも「咀嚼音を立てる」「ボロボロこぼす」など、食べ方が汚いのも男性がドン引きしてしまう行動です。


だらしなさがみえる

いくら綺麗に化粧をしてぱっと見の表面をよく見せていても、部分的にでもだらしなさがみえる女性は、男性にがっかりされてしまうかもしれません。たとえばシャツやスカートがシワだらけだとか、爪が伸びているなど。意外と男性は、そういった細かいところを見ていますよ!


大きな音をたてる

育ちのいい女性は行動が丁寧なので物音を立てることが少ないのですが、そうではない女性は物の扱い方が雑で大きな音を立てがちです。ドンドンと足音を立てるように歩いたり、ドアをバターン!と閉めたり。こういった行動が毎日の習慣となってしまっているため、悪癖であることになかなか気づくことができないようです。 


言葉づかい

女性の言葉づかいを気にする男性は多く、乱暴で汚い言葉を話す女性は「いいな」と思っていた相手でも一気に冷めてしまうほどだそうです。お酒が入っているときや瞬間のタイミングなど、無意識なときに発した言葉がそういった悪い印象を与えるものだと、男性に「普段からこうなんだろうな」「家がそういう言葉づかいなのかな」と思われても仕方がないでしょう。 いかがでしたか?親から受けたしつけや、女性自身のマナーから「育ち」が判断されるようですね。一緒にいて心地よさを感じられない行動は、男性からNGを出されてしまいます。心あたりがある場合は、意識して改善するようにしましょう!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/30 12:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます