もっと伝え上手に。『伝え方が9割』の佐々木圭一氏がサイトオープン

拡大画像を見る

シリーズ累計148万部を突破した『伝え方が9割』の著者・佐々木圭一さんが代表を務めるウゴカスが、2021年9月に自社メディア「伝え方研究所」をオープンしました。

新型コロナウイルス対策としてテレワークを導入した企業が急増しましたが、遠隔でのコミュニケーションについては、いろいろと課題の声も聞かれています。

ウゴカス代表の佐々木さんは「リモートで顕著になったコミュニケーションの悩みをリアルタイムでシェアしていきたい」と、メディア立ち上げの背景を語りました。

今回オープンしたメディア「伝え方研究所」は、「あした、もっと伝え上手に。」をコンセプトに、ビジネスパーソンがスマホひとつで“伝え方”の悩みを解消できる記事や、各月の名言を集めた「伝え方ベスト」、五輪選手の名言コンテンツなど、1記事5分程度で読めるコンテンツを中心に発信しています。

テレワークによるオンラインコミュニケーションが定着しつつある中で、どのような「伝え方」が求められているのか、タイムリーに知っておくことが重要かもしれません。ぜひサイトで今の伝え方について、情報を収集してみてはいかがでしょうか。

■サイト概要

伝え方研究所

サイトURL:https://www.ugokasu.co.jp/labo/

Twitter:https://twitter.com/TSUTAEKATAlabo

(マイナビウーマン編集部)

関連リンク

  • 10/30 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます