負傷していたヴァランが復帰か…ロンドンへ向かう空港にて帯同が確認される

拡大画像を見る

 マンチェスター・Uのフランス代表DFラファエル・ヴァランが30日に行われるトッテナムで復帰を果たすようだ。29日、イギリスメディア『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

 同メディアによると、ヴァランは鼠径部の負傷でリーグ戦2試合を欠場していたものの、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアやイングランド代表DFハリー・マグワイアなど8人の選手たちとともに、『トッテナム・ホットスパー・スタジアム』のあるロンドン行きのフライトに搭乗するために訪れたマンチェスター空港にて存在が確認されたと伝えている。また、オーレ・グンナー・スールシャール監督も29日の記者会見にて、復帰を確認し、起用が不可能なのは前節リヴァプール戦で一発退場処分を受けたフランス代表MFポール・ポグバのみであることを明言している。

 加えて、スールシャール監督はリヴァプール相手に0-5で惨敗したことを受けて、難しい数日を過ごしたことも『マンチェスター・イブニング・ニュース』は以下のように伝えている。

「当然ながら、我々はリヴァプール戦の結果とパフォーマンスに対処しなければならなかった。我々が不十分であったことは知っているし、それは選手たちが対処しなければならないものだ」

 リーグ戦4試合勝利無しのマンチェスター・U。上位陣に食らいついていくためにも勝利が必要な一戦で復帰するヴァランの活躍に期待が集まる。

関連リンク

  • 10/30 14:05
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます