【2022年福袋】大丸東京店に「夢のワーケーション福袋」が登場! 海の見えるシェアオフィスでお仕事&露天風呂付旅館でのびのびできちゃうよ

拡大画像を見る

ニューノーマルが定着し、今やスタンダードとなったリモートワーク。

こうした背景を受けて、大丸東京店にワーケーション体験型福袋が登場!

タッグを組んだのは、様々なワーケーションを提案している、ワーケーションの町・静岡県の東伊豆町。

お仕事しながら、伊豆をとことん堪能できちゃいますよ♪

【海の見えるシェアオフィスでお仕事】

2022年ならではといえる福袋。その名も、「夢のワーケーション福袋」。

首都圏からのアクセスも良好な東伊豆町で、海を眺めながら仕事をしつつ(ワーク)、のびのび過ごして思いっきり遊べる(バケーション)プランとなっています。

滞在中は、海の見えるシェアオフィス「EAST DOCK」の利用ができます♪

また交通手段として、電気自転車やシェアカーを無料で使えるというのだから、太っ腹~~~!

【宿泊場所もいいんです】

宿泊場所は、プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選において、長年5位以内にランクインし続けている旅館「稲取銀水荘」。

しかも、お部屋は露天風呂付き!!!

時間を気にせず、存分に露天風呂を堪能できるだなんて夢のようです~♡

【バケーションも充実しまくり♪】

お楽しみはこれだけにとどまらず、なんと「選べる東伊豆体験プログラム」もセットになっているのだそう。

・漁船クルージング
・みかん狩り+生絞りジュース体験
・伊豆半島最年少ジオガイドによる細野高原ツアー

といった、土地柄を生かしたプログラムがラインナップされていて、ワクワクしちゃいます。

ちなみに、細野高原の広さは東京ドーム約26個分。「草原でのワークもオススメ」とのことなので、体験してみるといいかも!?

【お値段も現実的でありがたい~】

「夢のワーケーション福袋」は、「1室2名プラン」(5万円)と「1室1名プラン」(3万円)の全2種類。

それぞれ3組限定で、2022年1月2日と1月3日に発売予定です。

販売方法は未定。こまめに大丸東京店のホームページをチェックして、続報を待ちましょう。

参照元:大丸東京店、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 10/30 9:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます