川口春奈、NHK「紅白司会」大抜擢のウラにある「22年朝ドラ」「バツグン好感度」「異常な大河」3つの理由

拡大画像を見る

 10月30日、2021年末の『第72回NHK紅白歌合戦』の司会に女優の川口春奈(26)と俳優の大泉洋(48)が起用されたと、NHKが正式に発表した。また、今年から「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称は廃止され、全員「司会」で統一するという。

「大泉が昨年に続き2回目、川口は今回が初の紅白司会となります。川口は、来年前期放送予定の朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』で主人公(黒島結菜)の姉で、小学校教師の比嘉良子(ひが・ りょうこ)役で朝ドラ初出演が内定しているほか、昨年放送のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』でNHKに多大な貢献をしたのが、今回抜擢された理由だと考えられます」(女性誌記者)

 川口は長谷川博己(44)主演の『麒麟がくる』で、重要な人物である帰蝶を演じていたが、キャスティングの経緯が、異例中の異例だったのは記憶に新しい。

「翌年1月の放送まで3か月を切っていた19年11月に、本来の帰蝶役だった沢尻エリカ(35)が麻薬取締法違反で逮捕されたんです。すでに沢尻で10話まで撮影は済んでいましたが、NHKは川口を代役として起用することを発表。川口は沢尻より9歳も年下だし、ビジュアルのイメージも、だいぶギャップがあった。

『麒麟がくる』脚本家の池端俊策さんは、俳優を決めてから、役者のイメージに合わせた脚本を書くタイプですので、そうした面からも、当時は不安の声が強かったです」(前同)

■好感度も申し分なし

 こうした、通常ではありえないような起用だったにもかかわらず、川口の「帰蝶」は予想以上に好評。昨年1月16日の初回完成試写会で長谷川は川口に、

「すごくストレートにお芝居してくださった。持ち前の魅力で姫っぽさもあり、屈託のない感じ。だけれども、たまに意表を突かれます。そういうお芝居をされてくる。まだそこまでたくさん撮っているわけではないのであれですけど、でもいろいろなものが生まれそうなワクワクした感じがしています」

 と、コメントしていた。

「大河ドラマに起用されてから、朝ドラ、そして今回の紅白司会ですからね。NHKが川口にいかに感謝しているのかが伝わる気がしますよね(笑)。

 ただ、川口は演技はもちろん、人格的にも実に魅力的ですからね。YouTubeチャンネル『はーちゃんねる』ではまったく飾らない変顔や滝行に挑んで大好評だったり、今年8月20日にジェーシービー『SCOOP!JCB』のドキュメンタリー動画“セキュリティ編”が公開されましたが、《セキュリティ対策担当者の緊張をほぐすため、川口から声をかける場面も。さすがの心遣いにスタッフも感心し、和やかな雰囲気の撮影現場となった》と紹介されていました」(前出の女性誌記者)

 2021年1月~6月のCM出稿状況を基にした『2021上半期タレントCM起用社数ランキング』(日本モニター調べ)を見ても、好感度の高さで知られるサンドウィッチマンや綾瀬はるか(36)と同数の8社契約をしているところを見ても、世間のイメージのよさが伝わってくる。

■恋愛に発展があるかも?

「19年の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で“メガネを一気に50個集める”“週6でタイ料理屋に通う”とおもしろトークをしたり、バラエティタレントとしての実力も申し分なし。司会業についても、19年10月にフジテレビの単発番組『怒られ履歴書』や、14年放送のTBSの『ドリームデュエット』で経験済みです」(専門誌記者)

『怒られ履歴書』で一緒にMCを務めたウッチャンナンチャン・内村光良(57)は当時川口のMCを「すばらしかったです!」とコメントしていた。

「ただ、こうなってくると気になってくるのが川口のプライベートについてですよね……。川口は総合格闘家の矢地祐介(31)との交際が19年11月に『週刊FLASH』(光文社)で報じられていて、今年5月21日号の『FRIDAY』(講談社)でも、川口の愛犬・アムちゃんと一緒に都内の商店街でデートしている写真が報じられました。

 NHKの朝ドラや大河ドラマに出演する俳優は、身辺整理のために別れるか正式に結婚することがままあるので、もしかすると来年の『ちむどんどん』までに、何らかの動きがあるかもしれませんね」(前同)

 ちなみに、『ちむどんどん』の次に予定された22年後期の朝ドラ『舞いあがれ!』は舞台が川口の故郷である長崎県の五島列島であることから、はやくも「2作連続朝ドラ出演」に期待する声が上がっている。

 朝ドラ・大河・紅白。川口はNHKに、大変に気に入られていることだけは、間違いないだろうーー。

関連リンク

  • 10/30 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます