長男からクレームも…長谷川京子“三度見”されるほどの私服艶コーデ

拡大画像を見る

 女優・長谷川京子が10月27日放送の「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演し、私服のコーディネートについて長男からクレームがあったことを明かした。

 この日の放送では、女優・酒井美紀やフリーアナウンサー・中村仁美らママタレントを迎え、子供との向き合い方に関するトークを展開。12歳の長男と8歳の長女を育てている長谷川は、長男の授業参観に行った際のエピソードとして「自慢のママみたいな感じで、すごい喜んで飛びついてきてくれてたりした」と語るも、そうしたリアクションは小学4年生までだったという。

 5年生になると、長男は徐々に長谷川を避けるようになり、「いないなぁと思ってたら隠れてて、見つからないようにしてた」とショックだった出来事を回想。また、ある日は「授業参観行く前に『ママ、普通の格好してきて』『紺とか黒とか、みんなと同じ格好をしてきてほしい』って」と服装について注文があったことも明かした。

「長谷川といえば、結婚13年目を迎えた夫でポルノグラフィティのギタリスト・新藤晴一との別居生活が報じられましたが、その際も『NEWSポストセブン』の記事には、彼女の妖艶すぎる私服姿の写真が掲載され、世間を仰天させました。9月下旬、東京都内のカフェにて、チェックのジャケットのインナーに透け感のある白Tシャツを着こなす長谷川の姿があり、バストの迫力はダイナマイト級。同誌はこれを『カフェで客が三度見した』レベルだったと表現。

 もちろん、この出立ちで授業参観に訪問したとは思えませんが、かねてより肌見せ度の高いファッションでファンを魅了してきた長谷川だけに、ネット上では『学校にどんな格好して行ってるか知らないけど、学校以外でも丸出しな服を母親が着てたら嫌でしょうよ』『この言葉は、子供の本当の気持ちだろう』『ただただ普通にTPOを考えればわかること』『はせきょう、肌見せ多めの格好で写真撮られてるから。あれは、お子さんが男子で思春期ならやめるべき。悪い影響しかない』『子供が周りを気にしてこういうことを言うようになったって話をテレビでしちゃうのってどうなの?』などの指摘がありました」(テレビ誌ライター)

 長谷川を支持する男性ファンからはその艶感抜群なスタイルや服装に対する賛辞が巻き起こることが多いが、子供からすれば、真逆なリアクションとなってしまうのは自然なことかもしれない。

 少なくとも、他人から三度見されるようなコーディネートには改善の余地がありそうだ。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 10/30 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます