「カレーとライスは別皿」「小籠包はストローで吸う」水卜麻美アナの独特の食べ方

拡大画像を見る

 日本テレビの水卜麻美アナが、10月23日放送のラジオ番組「オールナイトニッポン0」(ニッポン放送)に出演。そこで、独特のカレーライスの食べ方について明かした。

 普段から食リポをすることの多い水卜アナが「炎上するかもしれないですけど」と前置きして「私、カレーライスより、カレーとライスで出してほしいんですよね」と告白。「ご飯はなるべく白いままで保っておきたい」ということで、自宅ではカレーとご飯を別々の皿に盛り、カレーを食べ終わってからご飯を食べるという。ラジオでは「母の前でしかやってないです。恥ずかしいから」としている。

 実は、カレー以外にも変わった食べ方で注目を浴びた料理がある。それが小籠包だ。

「同じく日本テレビの徳島えりかアナが、2019年4月26日にアップしたインスタグラムにて『先日、大好きな先輩と大好きな小籠包を食べてきました』と更新。そこには、小籠包の肉汁をストローで吸っている水卜アナの写真が。『#中の肉汁をストローで吸うスタイル』というハッシュタグが添えられており、フォロワーからは『さすが水卜ちゃん』『食べ物じゃなくて、飲み物ですか』などたくさんのツッコミが寄せられました。

 また、2019年11月21日に水卜アナがアップしたインスタグラムでは『#食リポ放棄みかん』と動画を投稿。みかんをひたすら頬張るのですが、その食べ方が大胆。まずみかん1個を2つに割り、それを大きな口でパクリ。別の1個はまるごと口に入れて食べるのです。コメント欄は『豪快な食べっぷり』『ひと口大きい!』など驚きの声が寄せられました」(芸能ライター)

 水卜アナなら、どんな食べ方でも美味しそうに見えるから不思議だ。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 10/30 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます