乃木坂46与田祐希&板垣瑞生、互いの印象語る 「日本沈没」オリジナルストーリー特別編配信決定

【モデルプレス=2021/10/30】TBSで現在放送中の日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週金曜よる9時)。動画配信サービス「Paravi」では、乃木坂46の与田祐希と俳優の板垣瑞生がW主演を務めるParaviオリジナルストーリー「最愛のひと~The other side of 日本沈没~」を独占配信中。10月31日よる9時54分から「特別編!最愛のひと~日本沈没の前に最高の1日SP~」が配信されることが決定した。

◆与田祐希&板垣瑞生「日本沈没」オリジナルストーリー特別編配信

日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』は、1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」が原作。翌年にはTBSでテレビドラマ化され、それ以降もドラマのみならず映画やアニメ、漫画など様々なかたちで語り継がれてきた。刊行から48年の時を経てお届けしている今作は、主人公を含め登場人物をオリジナルキャラクターにし、2023年の東京を舞台に展開。原作でも描かれていた「環境問題」を現代版にアレンジし、沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描いている。

Paraviオリジナルストーリー「最愛のひと~The other side of 日本沈没~」は、日本に迫る未曾有の危機の中で運命的に出会い、恋に落ちた1組の男女が、日本沈没までの限られた時間の中で起こるあらゆる困難に立ち向かい、愛を貫く究極のラブストーリー。一日一日を懸命に生きる市井の人たちにスポットライトをあてた物語だ。運命の出会いを果たす2人・山田愛(やまだ・あい)と蒔田奇跡(まきた・きせき)を、与田と板垣がW主演で演じている。

特別編を見れば、「最愛のひと~The other side of 日本沈没~」がより一層楽しめる。このたび、特別編の独占配信が決定した。10月31日よる9時54分から配信開始する「特別編!最愛のひと~日本沈没の前に最高の1日SP~」では、与田と板垣のスペシャル対談を実施。「最初に会ったときの印象はどうだった?」「第3話までで印象に残っているシーンは?」「演じた役と自分が似ているところは?」などお互いに質問しあって、撮影現場の裏側やプライベートについてまで貴重なマル秘エピソードを引き出した。もちろん、ドラマの今後の見どころもトーク。愛と奇跡の関係が気になるところだ。

特別編は、「最愛のひと~The other side of 日本沈没~」の配信が休止の週に、数回に分けてParaviで独占配信する。スペシャル対談のほかに、与田と板垣それぞれがやってみたかったことを一緒にトライする企画も実施。2人はいったい何をやってみたかったのか?この特別編を見れば、ドラマをより一層楽しめるだろう。

たとえ日本に何があろうとも、この愛は沈まない愛する人を信じて、助け合い、生き抜いていく日本沈没という迫りくる未曾有の危機。そして、愛と奇跡の仲を引き裂こうとする大きな障害。愛が持つ過去のトラウマ…。迫りくる数々の困難と恐怖に怯えながらも、愛する人とともに支え合いながら、未来のために一日一日を懸命に生き抜いていく2人の究極のラブストーリー。Paraviオリジナルストーリー「最愛のひと~The other side of 日本沈没~」第4話は、11月7日の『日本沈没―希望のひと―』の放送終了後に独占配信スタート。こちらも期待したい。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/30 10:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます