新庄剛志が1年前に明かしていた仰天の「監督4人」構想とは

拡大画像を見る

 10月29日、ついに北海道日本ハムファイターズの監督就任が発表された、新庄剛志氏。

 引退した2006年シーズン以来、15年ぶりにユニフォームに袖を通す新庄氏の姿を拝めそうだが、今から1年前、自身が監督になることを予言したかのようなコメントを残した動画があった。

 元日本ハムの岩本勉氏のYouTubeチャンネル「岩本勉チャンネル」に新庄氏が出演した、昨年10月4日投稿回がそれ。

 新庄はそこで、「オレがもしタイミングよく監督になりました…一緒にやりたいのはガンちゃん(岩本氏)。ピッチングのことはよく分からない。(しかし岩本氏の)気持ちが若手を育てることができる。オレはそういうところ見えるから」、さらには、「プロ野球の監督はオレ。ピッチャーの監督はガンちゃん。野手の監督は誰々。メンタル監督は誰々って、チームに4人監督居ても良くない?」と仰天のプランも披露していた。

 1年も前に投稿された動画だが、これを観返した視聴者の間では、「この人がまた野球界を盛り上げてくれるんだと思うとワクワクが止まらない」「1年越しでまさか“新庄監督”が現実になるとは。 監督4人制、ちょっと見てみたい」との声もあがっている。

 昨年12月7日に行われた12球団合同トライアウトに挑むも、NPB各球団は獲得を見送り、現役復帰は断念した新庄氏。指揮官としてその野球愛をどこまで見せてくれるのか、楽しみだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 10/30 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます