合コンでチームの和を乱す「女性へのNGアプローチ」9パターン

本気で出会いを求めて合コンに参加するなら、ここぞとばかりに前のめりになってしまうのは仕方がないかもしれません。とはいえ、参加している男性メンバーはあうんの呼吸で連携を取るべきチームメイトなので、和を乱すような行為だけは避けたいところです。そこで今回は、20代から30代の独身男性に聞いたアンケートを参考に、「合コンでチームの和を乱す『女性へのNGアプローチ』」をご紹介します。

【1】女性陣の目の前で「今日はハズレだよね…」と言い放つ
「一人の失言なのに、男側全体のイメージダウンに…」(20代男性)など、不用意な一言のせいで場を白けさせるパターンです。あえて表明しても何もいいことはないので、口に出すべきではないでしょう。

【2】「ぽっちゃり芸人の○○に似てない?」と失礼なたとえをする
「ウケをねらったのかもしれないけど、むしろ場を凍りつかせる」(20代男性)など、女性の容姿やスタイルへのからかいは、相手の女性に失礼なだけでなく、仲間にも「それはないだろ!」と思われてしまうようです。女性が乗ってくることがあっても、面白半分でのいじりは避けたいところです。

【3】クールな男を装って、わざとそっけなく振る舞う
「みんなが何とか盛り上げようとしているのに、冷めたヤツが一人いるだけで台なし」(20代男性)というように、あえて押し黙って女性陣の気を引こうとするのもタブーのようです。しゃべりまくる必要もありませんが、合コンの基本表情はスマイルだということを肝に銘じましょう。

【4】「で、何カップ?」とヘビーな下ネタをぶつける
「盛り上がったら少々の下ネタはありかもしれないけど、いきなりぶつけるのはドン引き確実でしょう」(20代男性)など、場が暖まっていない時点での下ネタは、女性陣を呆れさせるだけでなく、男性メンバーにも気まずい思いをさせてしまうようです。よほどの話術がない限り、安易な下ネタは避けたほうがいいでしょう。

【5】嫌がる女性にしつこくボディタッチする
「触られた子のテンションは下がるし、警戒してほかの女の子のガードも固くなる」(20代男性)というように、酔いに任せたセクハラ行為は、どんないきさつがあったとしても容認され難いようです。いくらお酒の席でも、節度は保ちましょう。

【6】度数の高いお酒を勝手にオーダーして狙った子に飲ませまくる
「こっそりやってもバレるんだから、そんな卑怯な手を使うやつは二度と誘わない」(30代男性)など、度数の高いお酒で女性を酔わせようとする魂胆は、男性陣からも総スカンを食らうようです。合コンにお酒は付きものですが、アルコールに頼らずに口説ける男でありたいものです。

【7】「ミスしたらキスでーす!」と、強引にHなゲームに持ち込む
「今どき合コンゲームかよ!作戦会議もしてないのに勝手に仕切るなと言いたい」(20代男性)など、何の根回しもなくゲームに持ち込もうとするのも、ひんしゅくを買ってしまうようです。段取りを無視しては皆に迷惑をかけてしまうので、あらかじめ仲間の合意を得るようにしましょう。

【8】「二人で飲まない?」と特定の女性と抜け出そうとする
「残された女性の雰囲気が悪くなる。あまりに自分勝手です」(20代男性)というように、途中でのフェードアウトはルール違反だと思われてしまうようです。一人の女性に狙いを定めても、一次会では連絡先の交換程度にとどめたいところです。

【9】「終電なんていいじゃん」と引き気味の女性を無理に止める
「一人が突撃しすぎると、俺らまで遊び人認定されてその先に踏み込めなくなる」(20代男性)というように、強引な引き止め工作も、仲間の足を引っ張ることになるでしょう。出会いを「次」につなげたければ、引き際が肝心かもしれません。

抜け駆け行為や極端なスタンドプレイに走るより、足並みをそろえて楽しい雰囲気を作ったほうが、実り多い合コンにつながるでしょう。(佐々木正孝)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/30 9:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます