V6ありがとう!『学校へ行こう』好きだったコーナーベスト10

拡大画像を見る

 V6が1997年~2005年にかけてレギュラー出演していた『学校へ行こう!』(TBS系)が、10月26日に特番として復活。最後の放送を終えました。

 当時番組を見ていた人なら、数々の名コーナーの記憶が強烈に残っている方も多いのではないでしょうか。

 そこで今回は30~40代の女性200人に聞いた「『学校へ行こう!』で好きだったコーナー」(※)をご紹介します。V6、26年間ありがとう!

◆『学校へ行こう!』なつかしの人気コーナーが続々

===============
『学校へ行こう!』で好きだったコーナーは? (複数回答)

10位 参観日ファッションチェック 7%
10位 3年B組金八先生 生徒役オーディション 7%
8位 みのりかわ乙女団 7.5%
8位 体当り戦士少年オカダ→青年オカダ 7.5%
7位 厚底ジェイソン 8%
6位 GO森田シリーズ 8.5%
(風紀刑事 GO森田 ハードボイルド教師 GO森田 サイキック教師 GO森田など)
5位 コギャル最終戦争~仁義なき戦い~・コギャル最終戦争~新仁義なき戦い~ 9.5%
4位 どこ行くんですか?ゲーム 11%
===============

 8位には「みのりかわ乙女団」がランクイン。その名の通り乙女系の男子生徒を集めて、劇団員としてプロデュースする企画でした。印象的なキャラが多く、V6メンバーとの演劇練習の様子などが人気に。一般客を入れた舞台上演も果たしています。

 同率8位には「体当り戦士 少年オカダ」がランクイン。少年オカダにふんした岡田准一が、苦手を克服しようとする子どもたちを前に、空中ブランコ、綱渡りなど様々な難題にチャレンジをして勇気を与える企画です。岡田が20歳を超えてからは「青年オカダ」へと改名。今ではアクション俳優の地位を築いた岡田ですが、その原点にはこの企画があったのかもしれませんね。

◆当時の流行を反映したギャルの厚底の企画も

 7位には「厚底ジェイソン」がランクイン。コーナー放送時は、ギャルの間で厚底が大流行。しかし厚底は足首をくじく危険性が高く転んだら危ないという理由で、​​ホラー映画『13日の金曜日』のジェイソンに扮したV6のメンバーが、厚底の底をノコギリで切り落として新しい靴をプレゼントする、という思い切った企画でした。

 4位には「どこ行くんですか?ゲーム」がランクイン。街行く人に「どこ行くんですか?」と聞き、その人の行き先に着いて行きながら、事前に決められたゴール地点を目指すというゲームでした。日本を飛び越えてアメリカでもロケを行うなど世界規模に。

◆3位 東京ラブストーリー 12%

 コギャル2人と高学歴の個性強め男性3人が繰り広げる、恋愛群像劇「東京ラブストーリー」が3位にランクイン。コギャルのミホとサオリ、東大生・永谷、ナルシスト東大生・マサーシー、そして慶大生・坂西(通称だぜ)が見せるテンポのいい掛け合いが人気でした。

 このコーナーは、ミホとサオリが登場したコーナー「コギャル最終戦争」がきっかけで始動。コギャルの家庭教師として登場した東大生・永谷がミホに恋をしたことを機に「東京ラブストーリー」が誕生しました。

 2015年に放送された『学校へ行こう!2015』では15年ぶりに全員が再会を果たし、先日の『学校へ行こう!2021』でも仕事の都合で欠席したミホ以外が出演をしていました。

◆2位 B-RAP HIGH SCHOOL 15.5%

 強すぎる名物キャラが続々誕生した人気コーナー「B-RAP HIGH SCHOOL」が2位にランクイン。B-RAPという名前をよそに、ラップを披露する人は少数派でしたが、どれも耳に残る曲を披露する強烈な演者でおなじみでした。

 globeのパロディで、KOIKEとパークマンサーから成る「軟式globe」、日本史ラップでおなじみ「Co.慶応」、歌詞を飛ばしてしまう「夏木マリ夫」、不安定な音程で歌う「MUSIA」、イジメられていた青春時代を尾崎豊の歌にのせて歌う「尾崎豆」、CHAGE and ASKAの『YAH YAH YAH』にあわせて日常の当たり前を歌う「チゲ&カルビ」など、名物キャラ目白押しの大人気コーナーでした。

 先日放送された『学校へ行こう!2021』では、番組ラストライブのメインとして尾崎豆が登場。レギュラー放送時は高い声が印象的でしたが、しゃがれ声に声変わりをしていて驚きです。

◆1位 未成年の主張 83%

 学校の屋上に立った生徒が、校庭に並ぶ生徒たちに向かって“ふだん言いづらい主張したいこと”を叫ぶ「未成年の主張」がダントツ1位にランクイン。

 「言いたいことがある~!」「なーにー?」の掛け合いから始まり、「先輩に対する敬語の使い方が難しい」「自慢は風邪を引いても鼻が詰まらないこと」「彼氏と電話しながら女になっている姉を見てしまった」など、ユニークな思いのたけを主張する人気コーナーでした。中には好きな子に告白する生徒も多く、涙なしには見られない回もありましたよね。

 先日の放送では、レギュラー放送時から「校長」として番組に出演していたみのもんた(77)が最後の“主張者”として登場。みのは「V6のみなさん、26年間本当にお疲れさまでした。」と屋上から述べ、コーナーは長い歴史に幕を下ろしました。

◆「お笑いインターハイ」からはM-1王者も輩出

 以上、「『学校へ行こう!』で好きだったコーナー」ランキングをご紹介しました。

 次点の12位には、当時のちにM-1王者となるマヂカルラブリーの野田クリスタルが出場した「お笑いインターハイ」がランクイン。

 2002年、16歳の野田は高校の同級生と組んだコンビで、参加者約5000人のなかで優勝。『学校へ行こう!』への思い入れは深いようで、26日の生放送当日にはV6を楽屋挨拶に訪れました。

「(今回の生放送には)出演する事はできなかっため、一瞬でも挨拶したいと思い、いちかばちかTBSに行って楽屋を尋ねて見たらV6の皆様が暖かく迎えてくれて、しかも皆様と一緒に写真まで撮らせていただきました。お出番前なのに本当にみんな優しかったー お久しぶりでした!!」と自身のTwitterに投稿していました。

 その他には、ちびあゆ、ちび華原朋美などが誕生した「ちび歌姫を探せ」(同率12位)、「癒し系ミュージシャン」(17位)などがランクイン。

 レギュラー放送期間はわずか8年間とは思えないほど、濃厚な名作コーナーを続々輩出した伝説的番組でした。V6の解散により一旦見納めになってしまいましたが、元気の出ない時に好きなコーナーを思い返したいですね。

【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30~40代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2021年10月26日
有効回答者数:30~40代女性200人

<文/るしやま>


関連リンク

  • 10/30 8:47
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます