気を遣うママ友はいらない? 慣れ親しんだ友人との束の間の幸せランチ/ママ友ランチがつらい(5)【私のママ友付き合い事情 Vol.163】


■前回のあらすじ
ランチ会がお休みになったある日、幼稚園の別のママ友さんから聞かされた麗華さんの学生時代。3人のママ友との今後の付き合いが不安になったところに、気心の知れた同級生からランチのお誘いがあり…。
頻繁に開催される、ママ友グループとのセレブなランチ会。いつも味がしなくてこわばっていた私は、高校時代から仲の良い友人にランチに誘われたある日、ついママ友グループには病院へ行くと咄嗟に嘘をついてランチ会を断ってしまいました。 









※この漫画は実話を元に編集しています

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/30 8:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます