内村光良『NHK紅白』司会終了は「2年前に決まっていた」!準備万端で大晦日は『イッテQ』で親密関係「日テレ6時間特番MC」の衝撃可能性!!

拡大画像を見る

 年末恒例の国民的番組『NHK紅白歌合戦』の司会が10月29日に発表された。

 2021年の番組を仕切るのは、昨年に続き大泉洋(48)、2022年前期の朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』に出演する川口春奈(26)、2回目の起用となるNHKの和久田麻由子アナウンサー(32)の3人。昨年までは「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称が存在していたが、今年からは「司会」に名称が統一されることも発表された。

「今年の『紅白』は、会場がNHKホールから東京国際フォーラムになり、司会の名称が統一されるといった変化がありましたが、司会陣にも動きがありました。2017年から4年連続で総合司会に起用されていたウッチャンナンチャンの内村光良(57)が今年は入らなかったんです」(女性誌記者)

 2017年から2020年まで4年に渡り総合司会を務めた内村の不選出に対しては、「ウッチャンは今年はいないのか…残念」「ウッチャンいないのがちょっとさみしい」「ウッチャン出ないなら益々今年の紅白観ないなあ」といった声がネットにも寄せられている。

「さすがに今年、内村さんが出ないのは仕方ないでしょうね。そもそも内村さんは、昨年の『紅白』に出たこと自体がかなりイレギュラーなことだったんです。NHKは、かなり無理を言って出てもらったそうですからね」(芸能プロ関係者)

■異例の『紅白』に欠かせなかった内村の存在

 2020年の『紅白』は、異例のコロナ禍の中での開催となり、公開生番組となって以降初めての無観客開催。さらに白組司会は大泉、紅組司会も二階堂ふみ(27)と両組の司会がどちらも初起用という顔ぶれだった。

「2020年の『紅白』は、無観客開催や、いくつものリモート中継を結んで行なわれる構成、そして大泉さんと二階堂さんの起用と初めてづくし。とにかく事故を起こさないというのが第一だった。そこでどうしても必要になったのが経験者の存在です。もし総合司会まで初めての人になってしまうと、不測の事故が起こりかねない。

 そこで、前年まで3年連続で総合司会を務めていた内村さんに、“もう1年なんとか出てください”と、続投を頼み込んで承諾してもらったといいます。本当は2019年で最後の予定だったのに、2020年も無理を言って出てもらい、2021年も、というのはさすがになかったということです」(前出の芸能プロ関係者)

 そんな今年は、『紅白』だけでなく、民放の大晦日番組にも大きな変化があった。

 2006年以降、大晦日に日本テレビ系で放送されてきた『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の特番『絶対に笑ってはいけない』シリーズが2021年は放送されないことが、9月20日に発表されたのだ。

 代替として『絶対笑って年越したい!笑う大晦日(仮)』と題した6時間生放送の番組が放送されることになったのだが、内村が『紅白』の司会から外れたとなると、彼が日テレの大晦日番組にかかわる可能性はあるのだろうか。

「さまざま理由はあるそうですが、コロナ禍の収録で面白いものを作るのは不可能というのが最大の要因で、『笑ってはいけない』をやらないことは今春には決まっていたと言いますね。ただ、代替番組の内容はなかなか決まらなかったようです。しかも、代替番組にはダウンタウンの2人は出演しないといいますから、出演者の人選が難航しているとも言われていました。

 そんな中で、内村さんが今年の『紅白』の司会をやらないと決まった。日テレとの関わりが深い内村さんですから、彼が『笑う大晦日』の司会になるのでは、との期待も出てきていますね」(ワイドショー関係者)

■衝撃的な内村MCの可能性

 内村は『世界の果てまでイッテQ!』『THE突破ファイル』『スクール革命!』と日テレの人気番組でMCを務めていて、局への貢献度は計り知れない。内村が日テレの大晦日6時間特番のMCを務めれば、大きな盛り上がりが期待できそうだが、制作会社ディレクターはこう話す。

「内村さんは日テレと親密関係にありますから、大晦日特番の内村さんMC待望論が出てくるのも分かります。ただ、内村さんが『笑う大晦日』で司会をやる可能性はほぼ”0%”でしょう」

 さらに、こう続ける。

「日テレの福田博之常務は、10月25日の会見でさまざまな番組の精鋭を集めて準備を進めているとの話をしていましたが、そのスタッフの中には『ガキ使』でプロデューサーを務める大友有一さんもいるんです。

 ダウンタウンさんは出演しないと言われているものの、『ガキ使』のスタッフもいて、かつ『笑う大晦日』は純粋なネタ番組になるといいます。漫才、コント、モノマネなどが中心の生放送のお笑い番組。そしてそこには吉本芸人が多数出演するそうです。もちろん、他事務所の芸人、タレントも多く出演するのでしょうが、“よしもとカラー”が強い番組になると見られていて、そこでの内村さん司会というのは考えられないでしょうね」

 2017年11月24日付のWEB版『女性自身』によると、この年初めて『紅白』の司会に起用された内村は、年末から一家での海外旅行を計画していたため、当初はオファーに難色を示していたという。

「2017年からずっと『紅白』に年末のスケジュールを奪われていたのが、ようやく家族でゆっくりと年の瀬を過ごせるときがきたわけです。家族を大事にする内村さんは、今年こそは家族と過ごしたいと考えていそうですし、日テレの大晦日特番にかかわることは、限りなくゼロに近いと言われていますね」(前同)

 日本一の司会者とも称される内村は、ついに年末の超多忙から解放されるのかも!?

関連リンク

  • 10/30 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます