泉ピン子、えなりかずきを追い詰める“電波パワハラ”!上戸彩&田中美佐子は“かわいがり”に感謝も…「マネージャー激怒反乱」に逆ブチギレ過去!!

拡大画像を見る

 女優の泉ピン子(74)が10月23日、歌手の和田アキ子(71)がパーソナリティを務めるラジオ番組『アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)に出演。かねてより、共演NGが報じられていた俳優のえなりかずき(36)について語った。

 ピン子とえなりは人気ドラマシリーズ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)で約30年に渡って母子役を演じてきた。ところが、2019年10月の『週刊文春』(文藝春秋)で、えなりがピン子との共演を拒否していると、同ドラマ脚本家の橋田壽賀子さん(享年95)が明らかにしたのだ。

『週刊文春』の取材に対し、橋田さんは「(ピン子とえなりを)一緒にしちゃいけない。一緒にするとえなりくんがおかしくなるんですって。発疹が出たり」と、ピン子と顔を合わせると発疹が出てしまうほど、えなりはピン子に拒絶反応を示すと告白していた。

 前出の『いいかげんに1000回』でピン子は、「悪いけど、えなりと私、絡まないのよ」とし、「だって私は膨大に出ているし、膨大なセリフがあるし、人のことどうでもいいのよ、悪いけど。だって自分が覚えていることをその日のうちに何十シーン撮らないといけないんだし。だから自分が覚えていることで精一杯だから」と説明。続けて、「誰のおかげであのガキも本当に」と漏らした。

 10月28日発売の『女性セブン』(小学館)でもこの騒動を報じているが、えなりは今年に入ってから橋田さんに手紙を送ったという。ピン子との共演を拒否しても、自分を子役時代から起用し続けてくれた橋田さんには恩を感じていたようだ。

 しかし、『いいかげんに1000回』でピン子は「えなりが今年? (橋田)先生にお手紙を書いてきたらしいの」と切り出し、「先生嫌いだから、“許さない”って言ってたから。お手伝いさんがえなりの手紙を読ませなかったんだって。だから、えなりはきっと亡くなっても“先生は僕の謝った手紙を読んでくれた”と思っているだろうけど、読んでないんだよ!」と、えなりに向かってのメッセージであるかのように言い放った。

「2年前の共演NG報道から、ピン子さんの今回のラジオ発言、そして『女性セブン』の報道であらためて2人の関係に注目が集まってしまっています。ただ、“あのガキ”といった言葉や橋田さんは手紙を読んでいないという発言はえなりさんの心をさらに傷つけてしまいかねない。

 いわば電波を使ったパワーハラスメント、“電波パワハラ”とも言えるような仕打ちにも思えてしまいます。このご時世、パワハラ的な発言を公共の電波に乗せて言ってしまうというのはどうなのかと……。ピン子さんは昔気質の人ですから思ったことを何でも言ってしまうのかもしれませんが、えなりさんからしたらたまったものではないですよね」(芸能プロ関係者)

■『SUPER RICH』主演・江口のりこにも泉ピン子の“トラウマ”……

 えなりだけではない。ピン子に厳しい言動をされた芸能人は少なくない。現在放送中のドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系)で主演を務める江口のりこ(41)もその1人だ。

 2018年2月放送の『しゃべくり×深イイ最強の独身女SP』(日本テレビ系)に出演した江口は、かつて共演したピン子からトラウマになりそうな指導を受けたと告白。

 ドラマ『女子刑務所東三号棟』(TBS系、1995年~、ピン子と江口は2003年に共演)の撮影時、江口は寝不足でセリフが覚えられずにNGを連発。撮影後、ピン子に「みんなに謝んな」「あんたがNGをたくさん出したから怒ったんじゃない。あんたがあのとき、自分に負けてたから怒ったんだよ」とキツく指導されたという。

 江口は「今では、あのときピン子さんに怒られていてよかった」と感謝しているとしつつも、「(ピン子を)表参道で1年後に見かけましたけど、逃げました」と、苦手意識はいまだに拭えていないとも話している。

 さらに江口は2019年2月の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した際にもこのエピソードを披露しており、当時のドラマの現場でピン子から「テメェ、いい加減にしろよ、この野郎」とキレられたと語っていた。

 上戸彩(36)もデビュー当時にピン子から叱責を受けていたことを告白している。上戸とピン子は2002年放送の『渡鬼』で共演。当時10代の新人女優だった上戸は、ピン子から「もっとプロ意識を持て!」「あんたの席なんかすぐ誰かに取られるからね!」とたびたび愛の鞭を受けていたという。

 上戸は「仕事に対して意欲がなかった」と当時の自身の非を認めており、ピン子の指導に感謝していると明かしている。

■マネージャーから衝撃の「激怒クレーム」!

 田中美佐子(61)は2019年7月にドラマ『それぞれの断崖』(フジテレビ系)の制作発表会見に登場し、ピン子を激怒させた過去を告白した。

「これまで最も断崖に立たされたエピソード」を聞かれた田中は「強いて言うならば」と昔のドラマの現場での話を語り始めた。

 その日の最後のシーンの撮影が深夜0時に終わり、あとはチェックでOKが出るのを待つだけだったが、当時多忙を極めていた田中は、翌朝も仕事で早いため「確実にOKだったと思って、急いで帰りたくて」と、OKが出る前にスタジオを出てしまったという。

 しかし、そのシーンはOKにならず、もう1回撮影しようにも田中がいないという事態が発生。このとき共演していたのがピン子で、「次の日がフジテレビだったので行ったら、なぜかピン子さんもフジテレビだったんです。それで会ってしまって“美佐子、ちょっと来い”と呼び出されて、“ああ、終わった”と思って。そのときが一番怖かったですね。本当に断崖に立った感じ」と当時を振り返った。

 ピン子からは「全員残ってただ1人おまえが帰るってなんだ!」と叱責され、必死に謝罪したというが、「そのときは忙しかったから大して反省してなくて。“女優終わるかも”っていうことのほうが心配だったんですけど、最近“あれは良くなかった”とやっと思いました」と、ピン子の怒りを理解できるようになったと語っていた。

 ピン子の叱責は当然、彼女のマネージャーにも及んでいるようだ。

 ピン子は2020年1月の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。MCの東野幸治(54)から「ご自身の悪口みたいなのをたまたま聞いたり見たりしてしまったことってありますか?」と聞かれると、「あるわよ」と応じ、「昔のマネージャーが私の悪口を書いて、私に送ってきたのよ。“僕たちは奴隷じゃないです”って」と告白。ピン子は「こっちが奴隷じゃ!」とマネージャーに反論したとも明かしている。

「マネージャー陣が“奴隷じゃない”と訴えるというのは、ピン子さんに相当な扱いをされていたのでは、と思ってしまいますよね。橋田さんによると、ピン子さんはえなりさんに対して“私はただ育ててる。イジメた覚えはまったくない”と話したといいますが、ピン子さんに接した人はそうは思っていない可能性もありそうですね……」(前出の芸能プロ関係者)

 ほかにも、泉ピン子を避けている芸能人はたくさんいる?

関連リンク

  • 10/30 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます