永野芽郁「人見知りはしないです」全世代をオトす「あざとかわいい」の真逆「素直かわいい」魔力

拡大画像を見る

 女優の永野芽郁(22)が10月25日放送の『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話合体SP』(日本テレビ系)に出演。くりぃむしちゅーの有田哲平(50)や俳優の滝藤賢一(44)が、その魅力を語る場面があった。

 この日は、永野をゲストに迎え、トークを展開。その中で、MCを務めるくりぃむしちゅーの上田晋也(51)が老若男女を問わず、共演者と仲良くなりそうだと、永野の性格について語ったところ、永野は「人見知りはしないです」と答え、「撮影期間はできれば(共演者と)1番お話ししたいなと思って」と共演者とのコミュニケーションを大事にしていることを明かした。

 上田によると、40代以上の父親世代に永野のファンが増えているという。その魅力について、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で共演した有田は「ドラマとか映画を見ていただければ分かるんですけど」と切り出すと、その演技力もさることながら、「いまこんな明るい感じが普段もそうなんですよ、僕、お食事させてもらっても。まったく裏表ない、こういう感じなんです。分けへだてなく明るく接してくれる。これはホントにやられますよ」と、誰と接しても変わらないのがいいのだとその魅力を力説していた。

 そんな中、『半分、青い。』で永野の父親役を演じた滝藤もVTRで登場。永野との共演がよっぽどうれしかったようで、滝藤は「“ああ、この子の父親役なんだ、最高だな”と思って。“幸せだな、俺”って、ずっとニヤニヤしていた。俳優やってて良かったなと思って」と撮影当時を振り返っていた。

■あざとかわいさの真逆

 また、滝藤は永野の好きな髪型についても告白。永野のセカンド写真集『No cambia』(SDP)に掲載されているポニーテールの写真を見せながら、「(髪を)まとめてるほうが好き。あれでタートル着てたら、もう完全に落ちます」と永野の魅力を絶賛していた。

 番組では、父親世代から人気だといわれていた永野だが、いまでは男女を問わず全世代から支持を集めている。それもあってかネット上では「お父さん世代にも若い世代にも愛される永野芽郁は最強で最高です」「いや本当にお父様世代どころか、何歳でもトリコにできるよ芽郁ちゃんは~」などといった反響が相次いでいた。

 アンチがほとんどおらず全世代で好感度の高い永野だが、その理由は有田が指摘していたように、人なつこさに加え、“裏表のなさ”が大きな理由だろう。永野が頻繁に配信しているインスタライブでも、アンチコメントにも正面から切り返すなど、強気な姿勢がサバサバしてかわいいと評判になっている。

 10月29日公開の映画『そして、バトンは渡された』では主演を務めるなど、話題作への出演が目白押しの永野。演技力やルックスだけではなく、あざとかわいさの逆をいく素直かわいい性格で、無双状態はしばらく続きそうだ。

■永野芽郁のインスタはライブが好評!

 インスタの投稿自体は多くないが、ライブはまめにやっている。ライブでは男性マネージャーとの、ぶっちゃけた掛け合いも好評。

※画像は永野芽郁のオフィシャルインスタグラムアカウント「mei_nagano0924of」より

関連リンク

  • 10/30 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます