「最愛」3話 吉高由里子“梨央”のセリフに感動の声続々、井浦新“加瀬”にも「惚れる」「あの守り方はやばい」などの反応も殺到

拡大画像を見る

吉高由里子主演「最愛」の3話が10月29日オンエア。井浦新演じる加瀬に「ふつうに惚れる」「あの守り方はやばい」などの反応が上がる一方、梨央の「本当に、友達として話せたらいいのに」というセリフにも「泣ける」といった声が多数寄せられている。

殺人事件の重要参考人となった女性実業家と、彼女を追うかつての幼馴染みである刑事。そして彼女を支える弁護士。この3人を中心に、15年前の失踪事件と現在の連続殺人事件を繋ぐ謎に迫っていく完全オリジナルドラマとなる本作。

キャストは朝宮梨央を吉高さんが演じるほか、宮崎大輝に松下洸平。加瀬賢一郎に井浦新。梨央の母・真田梓に薬師丸ひろ子(特別出演)。梨央の父・朝宮達雄に光石研。謎の死を遂げる昭に酒向芳。後藤信介に及川光博。また田中みな実、津田健次郎、佐久間由衣、高橋文哉らも出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

大輝から「友達として話をしたい」と言われた梨央は、馴染みの鉄板焼き店で事件当夜のことを話し始める。が、大輝は彼女が何かを隠してると感じていた。そんな折、「真田ウェルネス」に脅迫メールが届く。梨央に復讐するというその内容から後藤は事業説明会の中止を進言するが、梨央は説明会を強行する。説明会当日、秘書からメールの件を聞いた大輝は会場の駐車場で、以前梨央を轢こうとしたものと同じナンバーの車を発見するが、その頃警備員に変装した脅迫犯は梨央にナイフを突きつけ、会場から連れ出そうとしていた…というのが3話の展開。

両親が早くに他界し真田家を家族だと語り、そこにやって来た梨央に「この家では私があなたを守ります」と告げる加瀬。梨央の弟・優が姿を消した際も、優の行方がつかめず街角で頭を抱え座り込む梨央に「あなたには新しい家族がいます。頼ってください」と言葉をかけ、優の居所が見つかるも「会いたくない」と再会を拒絶され、泣き崩れる梨央を励まし、脅迫犯から彼女を守って斬りつけられる…。

常に梨央を守り、支えてきた加瀬の姿に「これだけ献身的に尽くしてくれたら、ふつうに惚れる」「加瀬さん沼が一気に広がった…やばい、あの守り方はやばい」「加瀬さんにとっての最愛は真田家ではなく梨央であってるのかな?」などの声が上がる一方、「加瀬さんにとって梨央は最愛な人でいつも守ってる。梨央の味方なんだろうな…けどなんか裏がありそう」「中盤くらいに裏切り者でしたー!ってなってバーンッて落とされそうで怖すぎる。今から怖すぎるよ....」と、加瀬の行動に裏があるのでは?と不安視する投稿も。

加瀬が運ばれた病院に向かった大輝は梨央に「怖かったろ」と声をかけ、自分の想像だと前置きしたうえで昭にも脅されてたのでは?と問う。その質問にため息をついて「本当に、友達として話せたらいいのに」と返す梨央。その言葉を聞いてはっとした表情を浮かべる大輝…。

このやり取りにも「友達として話せたらいいのにって悲しい…」「過去の話をする2人やばいね。泣けるね。本当に友達として話せたらいいのに」「松下洸平のハッとして切なくなった表情がよすぎる…」といった声が。また「友達として話せたらよかったのに。からの宇多田ヒカル様」「友達として話せたらいいのにね…ここで主題歌くるぅぅぅ!」「主題歌が流れるタイミングが最高に良い~~」「主題歌流れるタイミングが完璧」など、宇多田ヒカルが歌う主題歌「君に夢中」が流れるタイミングを絶賛するコメントも多数寄せられている。



(笠緒)

関連リンク

  • 10/30 7:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます