14年の歳月をかけて開発!登録農家しか栽培できない本当に美味しい福島県の新ブランド米「福、笑い」が販売開始。発表会にはソフトボール日本代表上野投手や宇津木ヘッドコーチも登場

拡大画像を見る

福島県は令和3年10月28日(木)に、福島県にある「穴原温泉 匠のこころ 吉川屋」と東京都にある「八芳園MuSuBu」の2会場にて本格的に販売を開始する福島の新ブランド米「福、笑い」のデビューイベントおよびCM発表会を開催した。

福島県は米の食味ラインキングで4年連続「特A」獲得数日本一(平成29年〜令和2年)と米づくりに最適な場所である。そしてそんな全国屈指の米どころでもある福島県が本気で日本一を目指し、14年もの歳月をかけて開発したお米が「福、笑い」だ。福島県産米の中でも、最上位に位置付けられるプレミアム米でふんわり柔らかく炊き上がり、もちもちした食感と強い香りと甘みが特徴の美味しいお米となった。生産者によると今年は秋雨が続いて田んぼがぬかるみ、稲刈りが大変だったものの、タンパク質がアップして本当に美味しいお米ができたと言う。

「福、笑い」は、県などが定めた登録制度で認められた農家以外は栽培することができない。生産工程をしっかりと管理している農家だけが生産している国内でも唯一の品種。玄米タンパク質含有率6.4%以下、ふるい目1.9mm以上という厳しい基準を満たしたものだけが「福、笑い」と名乗れる選ばれたお米だ。販売されているサイズもお試しできるサイズからギフトサイズまで様々で購入しやすい。先ずは一度食べてみるとその美味しさに納得し、惚れることだろう。

発表会当日は福島と東京の2会場をオンラインで結びイベントが行われた。オリンピック東京2020大会でソフトボールの初戦や始球式が福島で行われるなど福島と繋がりも深いソフトボール日本代表の上野投手や宇津木ヘッドコーチも福島会場に登場。上野投手は福島の空気が澄んでいて、山が身近に感じられるのが好き。今年は誕生日も福島で迎えたので特別な場所だと語り「福、笑い」については美味しいのでたくさんの方に自信を持ってすすめてほしいと感想を述べた。

宇津木ヘッドコーチは福島はオリンピック2020大会のスタートの地点でチームが2連勝して勢いにのった大切な場所。プレッシャーで寝れない日もあったが、福島の美味しい食に大変助けられ、金メダルの力になったと当時を振り返った。そして「福、笑い」が日本一のお米を目指すヒントを聞くと世界一の上野投手が食べたので日本一になるのではないかと応援コメントを述べた。

更にイベントではCM制作陣によるCMのこだわりが語られた。福島県クリエイティブディレクター箭内氏(写真中央)は日本一のお米には日本一のクリエイティブをと思い、日本一のクリエイターを集めた。CMに人物が出てこないのはこのパッケージやお米が主役という想いを込めていると語った。CM監督の柿本氏(写真右)は手書きの絵がダイナミックに動いている映像を楽しんでほしいと話す。

パッケージやCM用に温かみのあるこのようなたくさんのイラストを書き起こした寄藤氏(写真左)はCMのストーリーに合わせて頭の中で福笑い町をつくり、家や田んぼ、神社、木などを一枚一枚、丁寧に描いたと話す。そんなイラストが動いてすごく嬉しいと感想を述べた。

YouTube URL【https://youtu.be/S7YTUUpfutE】

音楽制作を担当した大友氏からはVTRで今まで担当した大河ドラマ音楽に負けないほど労力をかけてうまれた作品だとコメント。このように最高のクリエーター集団によって制作された「福、笑い」のCM。登場する人々や田園風景はどこか懐かしく、心が温まり、日本人の心に響くものとなっている。

イベントに登壇した福島県知事も生産者や関わった皆様の気持ちがこのお椀に込められている。このイベントができたことに感謝をすると話す。そして、食べた方がほっこりする、笑顔になる、力になるようにこの「福、笑い」を広めていきたいとコメントした。

日本人には欠かすことができない美味しいお米。これから「福、笑い」も多くの人に親しまれることだろう。

  • 10/29 23:55
  • マガジンサミット

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます