アフターコロナ期に向けた新規業態!「梅の花」プロデュースの中華料理店が梅田に開店


1976年、福岡県久留米市で誕生した湯葉と豆腐を中心とした日本料理店「梅の花」を軸に、中華業態、かに料理専門店、テイクアウト専門店などを約300店舗展開している梅の花は、11月8日(月)、大阪・阪急三番街南館内にて「中華料理 梅 メイシャン 香」をオープンする。

日常生活で幅広い世代が気軽に楽しめる店を

「梅の花」は、からだに優しい料理と文化的な寛ぎと安らぎを提供するため、郊外戸建て店舗を中心に展開していたが、コロナ禍における生活様式の変化と共に、日常生活で利用しやすく幅広い世代が気軽に楽しめる店をという想いにより、今回、「中華料理 梅 メイシャン 香 阪急三番街店」をオープンすることに。

九州で展開していた「中華料理専門店 チャイナ梅の花」にて培ったノウハウをベースに、五感を刺激する料理を提供する。

単品からセットメニューまで豊富なラインアップ

「中華料理 梅 メイシャン 香 阪急三番街店」では、ショッピング街ならではの気軽な雰囲気の中で、子どもから高齢者まで支持がある海老チリ、酢豚、麻婆豆腐などの本格的な中華料理や創作メニューなどを展開。麺とご飯のセットや日替わり定食、また少しずついろいろなメニューを楽しめるセットなどのほか、単品も約50種類を揃え、地域の人に永く愛される店舗づくりを目指す。


主なメニューは、「梅香(メイシャン)セット」1,680円、


「四川コース」2,500円、


「麻婆豆腐」880円、


「白い麻婆豆腐」880円、


「点心 各種」480円など。

「梅 メイシャン 香 阪急三番街店」で、気軽に中華料理を楽しんでみては。

■梅 メイシャン 香 阪急三番街店
住所:大阪府大阪市北区芝田1丁目1-3 阪急三番街 南館 BF2

画像をもっと見る

  • 10/29 19:19
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます