流産した胎児の一部が子宮内に7か月も残存、38歳女性「医師の怠慢」に怒り(英)

拡大画像を見る

英ストーク・オン・トレント在住の4児の母エリカ・ホールさん(Ericka Hall、38)は今年3月、酷い腹痛に襲われてロイヤル・ストーク・ユニバーシティ病院で診察を受けた。その日は妊娠12週の超音波検査の1日前で医師は当初、感染症か子宮外妊娠を疑ったものの流産していることが判明した。

失意のまま帰宅したエリカさんだが、腹痛や出血が止まらないばかりか意識を失うことが続き、見かねたパートナーのジョンさん(John)が救急車を呼んだ。

エリカさんは「病院で検査を受けた後、点滴と輸血を受け、その夜のうちに子宮の残留物を除去する子宮内容除去術が行われました。そしてもう大丈夫だろうと翌日には退院したのです」と当時を振り返る。

ところが手術から数か月後、エリカさんは再び腹痛に襲われるようになり、感染症を疑って尿検査を受けたが結果は陰性だった。そのうち不眠に苦しむようになったエリカさんはベッドから起き上がることもできなくなり、再び医師の診察を受けた。

エリカさんは「苦しくて耐えられない状態になり、病院には14日間で3回行きました。でも医師は検査もせず、私を帰宅させたのです。そして流産から7か月後に行ったCT検査で卵巣に嚢胞があるのが分かり、医師は『あなたの子宮にはまだ胎児の一部が残っています』と告げたのです」と明かすと、このように続けた。

「医師はなぜ、流産の後に子宮内をしっかりと検査しなかったのか怒りを覚えます。まだ胎児の一部が体内に残っているのに帰宅させ、7か月も後になってこんなことになるなんて…。残留物により敗血症になる可能性もあったわけで、本当に信じられない思いです。赤ちゃんを失っただけでも相当なショックなのに、痛みで日常生活に支障が生じ、精神的にも不安定な状態が続いています。」

なお医師の怠慢により検査を先延ばしにされたエリカさんは今回、胎児の取り残しだけでなく虫垂炎が見つかった。すでに腹腔鏡手術で切除しているが、エリカさんは21歳、11歳、8歳、6歳の男の子の母でもあり、「今後も産婦人科に通院が必要で、病院には非常に失望しています」と肩を落とした。

一方で同病院の看護副主任スコット・マルトンさん(Scott Malton)は「ロイヤル・ストーク・ユニバーシティ病院では最高水準の医療やケアを提供しているが、エリカさんのケースは真摯に受けて止める」と述べ、患者の苦情や相談に対応する団体に連絡をとり、調査を依頼するよう勧めているという。

ちなみにロシアでは2019年、帝王切開による出産をした女性の腹部にクランプ鉗子が23年間も置き去りにされていたことが発覚した。女性は長い間ずっと、腹部の激しい痛みに苦しんできたという。

画像は『Metro 2021年10月26日付「‘I wouldn’t wish it on my worst enemy’: Miscarriage remains left inside woman’s body for seven months」(Picture: Ericka Hall)(Picture: BPM MEDIA)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 10/29 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます