カギは嵐・相葉雅紀の演技?テレビ朝日ドラマ『和田家の男たち』「飯テロ・癒やし・ミステリー」盛りすぎ好発進も「消えない不安」

拡大画像を見る

 嵐の相葉雅紀(38)主演のドラマ『和田家の男たち』(テレビ朝日系)の第1話が10月22日に放送され、平均世帯視聴率が6.3%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と、同局の金曜ナイトドラマ枠としては好調なスタートを切った。

 同ドラマは、新聞記者としての確固たる理念を持ち続ける祖父・寛(段田安則/64)、テレビの報道マンとして最前線で指揮を執る父・秀平(佐々木蔵之介/53)、ネットニュースの記者になった息子・優(相葉雅紀)というマスコミ一家“和田家”の、男だらけの異色のホームドラマ。

 第1話は、コロナ禍で14年勤めた会社が突然倒産し、生活費を稼ぐためにデリバリーサービスの配達員を始めた優。ある日、配達先で数年間、疎遠になっていた父と祖父と再会する。優の失業を知った秀平は、老いた寛を1人にしておくことへの不安もあり、3人で暮らすことを提案する。

 また、優が10歳のとき、母・りえ(小池栄子/40)は報道局の部下で7歳年下の秀平と再婚。大きな災害や事件が立て続けに起こった年の秋、取材中に事故死してしまうが、葬儀の日、優がその理由を問うと、秀平は「家族でも親子でも言えないことがある」と、厳しく突き放していた。

 同居をきっかけに優が家事を担当することになり、劇中に何度も相葉の調理シーンが出てくるのだが、深夜11時台の放送のため、視聴者はツイッター上で「これは飯テロドラマやん。朝食、晩酌のツマミ、土鍋で炊いた炊き込みご飯などなど。調理風景にしずる感もバッチリ」などと反応。

■今後の鍵は相葉雅紀と脚本

 また、交際相手に振られたと泣いている寛に優が寄り添うと、寛は「子猫のようだなぁ」と目を細め、優のアゴを猫のように撫でまわして癒やされていたのだが、視聴者も同様だったようで、「優くんは子猫みたいにかわいくて、アゴなでなでしたくなる気持ち分かる~」などとホッコリしていた。

 一方、視聴者の反響が大きかった“飯テロ”や“癒やし”だけでなく、同ドラマには、母の死に隠されたミステリー的な伏線や、社会問題などシリアスな要素もある。そんな、盛り沢山な内容を脚本家の大石静氏が見事にまとめ、芸達者な段田と佐々木が存在感を発揮したことが、今回の好発進の理由だろう。

 しかし、今後の展開に不安なポイントもある。まず、10月21日に更新された大石氏のブログ「静の海」に、『和田家の男たち』の脚本について「前半は私が書きましたが、後半は脚本家が交代します」と明かされていること。同氏の手腕でまとまっていた構成が、ドラマ終盤で散らばってしまわないか心配だ。

 さらに不安なのが相葉の演技力だ。これまで『マイガール』『バーテンダー』『僕とシッポと神楽坂』など、同局系のドラマで主役を務めているが、その演技力の評価には賛否が別れている。とりあえずの好発進だったが、好調維持は相葉の演技にかかっているかもしれない。(ドラマライター/ヤマカワ)

■次回は相葉雅紀に運命の出会い?

 次回は突然、現れた元カノが相葉雅紀演じる優に急接近。さらなる盛り上がりを見せそうだ。

※動画はテレビ朝日『和田家の男たち』公式ツイッターアカウント「@wadake_tvasahi」より

関連リンク

  • 10/29 20:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます