PS5品薄のせいかPS4も値上がり 出荷終了、在庫切れで新品は定価の1.6倍

拡大画像を見る

ゲーム機「プレイステーション5」(PS5)は、もうすぐ発売1周年。2020年11月12日に発売されたが、21年10月29日現在まで品薄状態は改善されないままだ。

さらに、前世代機のPS4も価格が高くなっている。

ノジマの抽選倍率は9月20倍→10月60倍に

フリマアプリ「メルカリ」での転売に限らず、PS5は複数のゲームハード販売業者やECサイトから高値で出品されている。

商品の価格を比較できるサイト「価格.com」では10月29日現在、PS5(ディスクドライブ搭載型)の取り扱い店舗は8件登録され、各店の出品価格も掲載されている。10月29日現在、最安価格は9万7681円(税込・以下同)。平均価格は約10万455円だ。

平均価格や最安値の推移グラフも見られる。発売日だった1年前、20年11月12日の平均価格は11万9800円だった。

21年1月半ばからやや落ち着いていき、最も平均価格が下がった4月5日時点では7万7532円だ。ところが、4月8日からは再び8万円台に突入。10月28日には10万3536円に上がるなど、21年2月以降では10月下旬の今が最高値なのだ。

家電量販店ノジマでは、10月の抽選販売の倍率が9月以前より激化した。公式サイト「ノジマオンライン」でサイト会員に向けてこれまで抽選を実施し、21年10月25日~31日まで第14回の抽選応募を受け付け中だ。

「よくある質問」ページによると、当選倍率は21年1月時点で100倍程度、2月50倍、3月30倍、4月20倍、5月30倍、6月20倍、7月20倍、8月30倍、9月20倍程度、そして10月は60倍程度と説明している。

いずれにしろ買えない

PS4も品薄のためか、値段が上がっている。21年1月5日付「ファミ通.com」によれば、上位モデル「PS4 Pro」の国内出荷はすでに終了。また1月6日にJ-CASTトレンドがソニー・インタラクティブエンタテインメント広報に取材したところ、ハードウエアの生産の中心はPS5に移行しており、PS4はスタンダードモデルのみ出荷継続との回答があった。

現在公式ECサイト「ソニーストア」のPS4は「CUH-2200AB01」(定価3万2978円)という機種のみが販売されているが、「入荷待ち」と表記されている。同サイトによると、これは在庫切れを意味し、「そのまま販売終了になること」もあるそうだ。

「CUH-2200AB01」は価格.comにも商品ページが掲載されているが、10月29日現在は平均価格4万6686円と高騰中だ(取り扱いは6店舗)。1月1日時点では平均 3万1972円だった。なおアマゾンの中古だと、2万9960~4万円になっている。

すでに国内出荷が完了しているPS4 Proの定価は4万3978円。アマゾンの新品価格を見ると、「CUH-7200BB01」という機種は6万9980円、「CUH-7200BB02」は7万480円と、こちらも高騰中だ。中古だと、「CUH-7200BB01」は3万6800~6万8000円で販売されている。

インターネット掲示板では「PS4薄型買い換えようかと思ったら価格上がったのか」と驚く声が出ており、「(PS4の)新品が市場に出回ってなくて、定価以上の値がついてる状態」と分析する人も。

ツイッターでも「なんでPS4 ProがPS5より高いんだ」と驚く声がみられる。また、PS5が入手できず、代わりにPS4の購入を検討したところ価格が高騰していて、いずれにしろ買えない現状を嘆くユーザーも存在する。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/29 20:10
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます