『SUPER RICH』赤楚衛二演じる“年下男子”優は、恋愛観アップデートの指針に?

拡大画像を見る

公式ホームページにある通り、 “スーパーリッチ” =幸せのカタチという意味らしい。財産も名誉も失った衛(江口のりこ)。その再出発の第一歩が描かれた『SUPER RICH』第3話。まずここで幸せになるための一つめの条件が提示された。



※以下第3話、一部ネタバレあり

それが、“やりたくないことはやらない”ということ。資金繰りに頭を悩ませるスリースターブックスのもとへ、投資家の飯田(飯田基祐)が現れる。飯田は、スリースターブックスに5000万円の投資をしたいと言う。ただし、条件は娘の漫画を掲載すること。しかし、娘の漫画は素人目に見ても技術もセンスもない。挙げ句の果てに本人に漫画への情熱すらない。

投資家の提案を飲めば、会社は生き延びられる。だけど、それは本を愛する者としてのプライドを売り渡すことを意味する。社員の間で意見が分かれる中、衛がとった選択は、飯田の提案を断ることだった。


「せっかくゼロになったんやから、やりたくないことはやらん」


この台詞こそが、今回のメインメッセージだろう。実際にそう言い切れる人は少ない。特に大人になればなるほど、やりたくないことをやらなきゃいけない場面は増える一方だ。ある意味、意に沿わぬ仕事をすることは、やりたくないことをやる時間を売り払い、その対価として報酬を得ているとも言える。それが生活というものだろう。


でも、そこを『SUPER RICH』は問いかける。本当にそれって幸せなの、と。


もしかしたらこのドラマはこんなふうに、名誉も財産も失った衛が、ゼロになったからこそ気づいた本当の幸せを、毎回描いていくのかもしれない。そして、そのたびに私たちは幸せとは何かを考えていく。


お金で買えないものがある、なんて使い古された言葉だけど、じゃあ本当にお金で買えないものはあるのか。あるとしたら何なのか。「リッチ」とは決して経済的に裕福であることだけを指しているわけではないだろう。では、心が「リッチ」であるために必要なものは何か。そのひとつの答えを、このドラマと一緒に考えていけたらな、と思う。


そして、せっかく江口のりこが主演だし、よくある男女の恋愛劇じゃない関係が見られたらいいなと期待していたけれど、ここに関しては意外とスタンダードに恋愛路線に突き進みそうだ。むしろ思ったより早く恋愛モードに突入してきた感がある。

「きみもおじさんになって、お金持ちになって、若い綺麗な子に言い寄られたりしたらどうなるかわからんよ」


そうからかうように言った衛に、優(赤楚衛二)は「俺はそんなふうにならないです!」と語気を強めた。この台詞が、衛を意識した言葉であることは明白だろう。最初は憧れだった気持ちが、生活を共にし、衛の人となりを知る中で、少しずつ恋愛感情に変化しはじめている。今、優はその途上にいるのかもしれない。


だとしたら、この『SUPER RICH』が担うテーマは、恋愛観のアップデートだろうか。衛が言うように“男性は若くて綺麗な女性が好き”そんな価値観が、女性は若さや美しさを失うと価値が下がるというような、眉をしかめたくなる風潮の元になっている。


こんな世の中を、優のように「ふっるい昔の価値観じゃないですか」と一蹴する。そういうドラマになったらいいなと思う。少なくとも今のところ、家事全般を担当するのが優で、仕事で前線に立つのが衛というように、意識的に旧来の性別役割から逸脱していこうという試みは見られる。そこがうまく“スーパーリッチ” =幸せのカタチという主題とリンクすれば、意欲的な恋愛ドラマとしても楽しんでいけそうだ。


しかもそういった古色蒼然としたジェンダー規範を「古い」と一刀両断するのが、男性側であることに、このドラマにおける希望のようなものを感じる。今のところ可愛い年下男子的な描写に終始しているが、そこだけで終わらないものを優には期待したい。


それにしても、衛はすっかり「優くん」呼びが普通になっているけど、一気に距離縮まりすぎじゃない…? 長年一緒に仕事をしている空(町田啓太)は「宮村くん」呼びなのに。僕が空だったら、確実にちょっとグレる。あえて自分も「優くん」呼びすることで、「優くん」呼びの特別感をなくさせるという無駄な努力をする。


今のところ報われる気配がまったくなさそうな空だけど、次回は大きくフィーチャーされるようだし、すでに周回遅れの差をつけられはじめているこの恋愛レースをどう巻き返すのかも気になるところ。


そして、気になるという意味では、今吉(中村ゆり)の存在も。今回、今吉が衛のことを恋愛相手として意識しているように見られる描写があった。もしかしたら今吉もこのレースに参戦するのだろうか。


それをフラットに描いてくれるのであれば、恋愛観のアップデートという点でもますます期待が募る。『SUPER RICH』が描こうとしているものは、まだすべて明かされていないのかもしれない。


文:横川良明



【第4話あらすじ】

氷河衛(江口のりこ)は春野優(赤楚衛二)を『スリースターブックス』の社員として採用することに。そんな中、一ノ瀬亮(戸次重幸)が逮捕されたと連絡が入る。


衛、宮村空(町田啓太)、今吉零子(中村ゆり)ら役員が集まり、亮を相手に民事裁判を起こそうと協議するが、優は蚊帳の外。優は仕方なく、田中リリカ(志田未来)たちインターンとラーメン屋に集う。優は自分たちも何か出来ないかと提案するが、リリカに見守ることしか出来ないと言われてしまう。

衛は亮の面会に行くが、亮に民事裁判のことを伝えられずにいた。そんな衛に東海林達也(矢本悠馬)は、新しいオフィスになったのに何も変わらない、亮に甘えてばかりの衛に期待した自分がバカみたいだと告げる。


その後の役員会議で、衛が新たな会社の目標として月5千万円の売り上げを掲げると、空は新しい企画への参画を提案する。それは、飲料メーカーのペットボトルのラベルに漫画を掲載するというもの。興味を示した衛は、早速、空とコンペの説明会に参加するが、会場で空は急に顔色を変え、席を外してしまい…。



■木曜劇場『SUPER RICH』
毎週木曜よる10時放送
出演者:
江口のりこ、赤楚衛二、町田啓太、菅野莉央、板垣瑞生、嘉島 陸、野々村はなの、茅島みずき、矢本悠馬、志田未来、中村ゆり、戸次重幸、美保 純、古田新太、松嶋菜々子
主題歌:『ベテルギウス』優里(ソニー・ミュージックレーベルズ)
脚本:溝井英一デービス(『監察医朝顔』脚本協力、『癒されたい男』 他)

(C)フジテレビ

関連リンク

  • 10/29 20:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます