田中圭、巨大抱き枕で睡眠・台本を投げる…帰宅後のルーティーンを事細かに明かす<そして、バトンは渡された>

【モデルプレス=2021/10/29】俳優の田中圭が29日、都内で行われた映画『そして、バトンは渡された』の初日舞台挨拶に、共演の永野芽郁、石原さとみ、稲垣来泉、市村正親、メガホンをとった前田哲監督とともに登壇した。

2018年2月発売直後より、感動傑作との多数の反響が大きな話題を集め、累計発行部数100万部を突破している本屋大賞受賞の感動作『そして、バトンは渡された』を映画化した本作。

4回苗字が変わっても前向きに生きる優子(永野)と義理の父・森宮さん(田中)。そして、シングルマザーの梨花(石原)と義理の娘・みぃたん(稲垣)。ある日、優子の元に届いた母からの手紙をきっかけに、2つの家族が紐解かれていく―。優子が初めて家族の“命をかけた嘘”を知り、想像を超える愛に気付く物語。映画のラスト、驚きと感動が訪れる。

◆田中圭、帰宅後のルーティーンを明かす

バトン形式で質問をすることになったキャスト陣。石原は、「ファンの方が知りたい質問はなんだろう?と来泉と考えた」といい、田中へ“帰宅後のルーティーン”について質問。田中は「玄関開けました、鞄置きます、洗面所のところに廊下に置きます、手洗います、うがいします、鞄持ちます…」と事細かに説明。石原も「どこに置きます?」「えらい!」と丁寧に相槌。

続けて田中は「リビングのソファ座ります、明日の撮影のところの台本を確認します、やろうとするけどすぐ『読みたくねぇ!』」と台本を投げる仕草をして笑いに。さらに、稲垣から「田中圭さんは、奥さんの夜ご飯で一番好きなのは何ですか?」と質問が。田中は少し考えて「…牛丼。牛丼だけはね、なんか…すっごい好きなんですよ」と笑顔を見せた。

そして最後に石原から「田中圭さんは、どういうかたちで寝ていますか?服とかは興味ないです。服とかは多分そのままなんだろうなと」と質問が飛ぶと、田中は「どういうこと?そのままって。服着てるわ!(笑)」とツッコみつつ、某有名ブランドの名前を濁しながら「めっちゃでっかい抱き枕で抱き着いて寝てます(笑)」と告白。壇上で寝ている姿を再現して見せるサービス精神旺盛な田中。

しかし「これ補足していいですか?クッションとか抱き枕とかに抱き着いて寝ていたんだけど、最近寝具を変えたわけ。そしたら抱き着かなくても寝れるようになった」と報告。石原が「あぁ、よかった!」と言うと、田中は「あぁ、はい!」と頷き、仲の良さをうかがわせたが、記者の反応は薄く、「なにこの空気(笑)」と後悔していた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/29 19:14
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます