杉咲花主演「恋です!」第4話で視聴者を泣かせたのは「人の温かさ」

拡大画像を見る

 杉咲花主演ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系)の第4話が10月27日に放送され、平均視聴率は8.8%だった。

 主人公・赤座ユキコ(杉咲)は、色や光をぼんやりと認識できるレベルの弱視で、外出時はいつも白杖を使っている。ある日、「黒ヒョウの森」の通り名を持つヤンキー・黒川森生(杉野遥亮)と出逢う。黒川はユキコに一目ぼれ。以後、何かとユキコに付きまとい、あれこれ世話を焼くようになる。そんな森川の一途さに、ユキコも惹かれるように。

 ドラマを視聴しながら実況するサイトでは、番組開始早々「1週間待ってました! 今期いちばんキュンキュンできるドラマ!」「今シーズンいちばん好きなドラマです!」などの声が飛ぶ。

 第3話では、点字ブロックの上を歩く途中、歩道橋にぶつかりそうになったユキコがさりげなく避けたシーンがあったが、視聴者はツッコむことなく「歩道橋ギリギリに点字ブロックあるんだね。それだけ点字ブロック歩くのって危ないことなんだって思った」「視覚障害のある人にとって一般道路は、危険が多いことに気づかされました」など、目の不自由な人への理解が深まっているようだ。

「第4話では、ユキコがハンバーガーショップでアルバイトを始めます。始めは足手まといと思っていたほかの従業員も、努力家のユキコに手を貸すように。視聴者も『他のスタッフも変わっていく様子が泣けてくる』『人の温かみがスゴすぎて泣けた』など感動が広がっています」(テレビ誌ライター)

 第5話では、ユキコから黒川に交際を申し込む。「恋です!」ファンの胸キュンは、ますますヒートアップしそうな予感だ。

関連リンク

  • 10/29 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます