国分太一が福原遥に放ったひと言にパワハラ疑惑?

拡大画像を見る

 ジャニーズ事務所の後輩に対する言動がパワハラではないかと指摘されることが多いTOKIOの国分太一から、またしても問題発言があったようだ。

 10月27日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)でのこと。国分はオープニングトークでゲストの土屋太鳳からお土産として入浴剤をもらったことを明かし、土屋の心のこもった手書きのメッセージつきの入浴剤の写真もあわせて披露された。

 この後、もう1人のゲスト・福原遥を紹介。福原は同番組への出演は初めてで、そんな福原に対して国分は「何もくれなかった」とお土産がなかったことを咎めたのだ。

「国分は笑いにするつもりだったようですが、スタジオは凍りついていました。それを察した松岡昌宏が『あなたはそういうところ、すごくよくないのは。この番組は別に“いいとも”じゃないし』とたしなめつつ笑いにしようとしていましたが、うまく収拾できていないようでした。福原は苦笑いをしつつ『ごめんなさい』と謝罪していましたが、明らかに困った様子でした」(テレビ誌ライター)

 視聴者からはネット上に「福原遥がかわいそう」「いじるならもっと上手にいじってあげないと」など国分を非難する声が上がっている。

 国分は「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)での言動が後輩への嫌がらせではないかと指摘されることがあり、厳しい視線が注がれているさなか、いささか不用意な発言だったかもしれない。

関連リンク

  • 10/29 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます