森七菜、フジ『世にも奇妙な物語』主演!新曲は「新海誠作詞」、CMも順調で「復活ののろし」!

拡大画像を見る

 11月6日放送の『世にも奇妙な物語‘21秋の特別編』(フジテレビ系)に、女優の森七菜(20)が主演。森が出演するエピソードのタイトルは『優等生』。演じるのは県内随一偏差値の低い高校に通うおバカな女子高生・宮本明日香(みやもと・あすか)で、

《偏差値の低さに憂う先生たちは、学力向上のために、毎朝、一般常識を問う簡単な小テストを実施してきた。明日香はその小テストでクラス初の0点を出してしまう。しかし、反省の色は全くなく、むしろネタとしてクラスの笑いを取る始末。そんな、明日香は、あくる日の朝、偶然登校中に薄暗い路地にある小さな神社を見つける。明日香はその怪しい神社で、朝の小テストで100点を取れますようにと手を合わせると……。》

 と告知されている。

「森といえば、19年公開の新海誠監督作品の『天気の子』のヒロイン役を2000人以上参加したオーディションで勝ち取ったのを皮切りに大ブレイクして一時期は引っ張りだこの存在でしたが、今年1月14日に突然、公式インスタグラムアカウントが削除され、当時所属していた事務所ホームページからも森のプロフィールが削除。

 10日後の同24日には、ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)とエージェント業務提携することが発表されたころから、雲行きが怪しくなっていたことで知られています」(女性誌記者)

 このあまりにも唐突過ぎる移籍に当時、多くのスポーツ紙や週刊誌は騒然。20年10月クールのドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)以降、ドラマなどのキャスティング情報はいっさい聞こえてこず、2021年は“開店休業”状態だったのは記憶に新しい。

■歌手業も絶好調!

「しかし、今回の『世にも奇妙な物語』で主演を果たし、あらためて順調な復活を印象づけました。また、来年1月クールに成田凌(27)主演でマンガ原作の医療モノドラマが土曜22時枠の日本テレビ系で放送し、これに森も出演が内定しているということです。

 くわえて、“女優”ではなく“歌手”としてもブーストがかかっている印象を受けますね」(ドラマ制作会社関係者)

 森は、昨年1月15日映画『ラストレター』の主題歌「カエルノウタ」で歌手デビューを果たしていたが、今年10月27日に新曲『背伸び』をリリースしている。

「作詞を手掛けたのは、森を見出した新海誠監督。実は森が新海監督に作詞オファーをかけたタイミングは『カエルノウタ』より『背伸び』のほうが先だったそうです。19年の7月以降に仕事仲間で集まる機会があったときに直談判した、と10月27日に『リアルサウンド』のインタビューに答えています」(音楽ライター)

 森はオファーした理由について、

《新海さんの言葉や描く世界観にすごく魅了されたので。新海さんの書く歌詞を見てみたいなっていう好奇心が強く湧いたんです。あわよくば私が歌いたいと思って(笑)、ダメもとでお願いして。ちょっと困ってましたけど、その場で、「やってみる」って言ってくださって。監督もお忙しいから、少し時間を経て今回実現して、とっても驚いてます。》

 とインタビューで語っている。

「楽曲を出すスパンも短く、2か月前の8月20日にYOASOBIのコンポーザーとしても活動するAyaseプロデュースの新曲『深海』をリリースしていました。ちなみに、この縁で森はYOASOBIメンバーのikura(幾田りら)と仲良くなり連絡先を交換したほか、森の誕生日記念の配信イベントにサプライズ出演しています」(前同)

 昨年12月25日放送の『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE2020』(テレビ朝日系)でホフディランの楽曲「スマイル」のカバーを歌唱したこともある森。

 9月8日には『雪見だいふく』の新CMも放送され、大いに話題になった森。一時期は移籍騒動のゴタゴタもあったが、これから順調に女優として大成する道を歩めるかーー。

関連リンク

  • 10/29 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます