伊勢谷友介、自慢の「改造ハイエース」で悠々自適“車中泊”生活に冷めた声

拡大画像を見る

 2020年9月に、法律違反の薬物を巡る容疑で警視庁に逮捕された俳優の伊勢谷友介のインスタグラムが、物議を醸している。

 伊勢谷は24日に自身のインスタに愛車の写真を投稿。「私はコレで横移動の為に走るし、泊まるのでした。細かいことは忘れて、Sideways.」と綴り、ハイエースの写真を公開。

 そのハイエースは車中泊やキャンプ、サーフィンなどアウトドア用にカスタマイズされており、余暇を楽しむ様子も写真と動画で披露。フォロワーからは「カッコいいですね! こんな車で遊びに行ってみたい!」「めっちゃ楽しそう。一緒に行きたいなぁ。伊勢谷さんと一緒なら絶対に楽しいだろうね」などといった感想が寄せられている。

 一方で、伊勢谷は昨年12月22日に、懲役1年執行猶予3年の判決が下されていることから、ネット上では「サーフィンにキャンプとずいぶん休みを満喫してるね。『細かいことは忘れて』って、復帰する気あるのかな?」「現実から目を背けたい気持ちはわかるけど、遊んでるイメージの写真はアップしない方がいいのでは。関係者に散々迷惑かけてるわけだし」「しばらく大人しくしておけばいいのに。反省してないように思われちゃうよね」などと冷めた声が殺到している。

「伊勢谷は逮捕前にも、車中泊仕様に改造したハイエースを自慢げにYouTubeで紹介しており、薬物捜査の際も車内に調べが入ったことが報じられています。また、提携していたカスタムショップでは“伊勢谷モデル”のハイエースを販売していましたが、逮捕によって生産終了を余儀なくされている。そうした状況でハイエースで遊び回っている様子をわざわざインスタにアップするわけですから、批判の声が出ても仕方のないところです」(芸能記者)

 結果、ファンを待たせ過ぎることにならなけらばいいが。

(ケン高田)

関連リンク

  • 10/29 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます