薄幸、“Gバスト”片鱗は11歳から!?母親も認めるナイスボディの秘密

拡大画像を見る

 お笑い芸人としてのスキルの高さはもちろんのこと、推定Gカップのバストでも知られる納言の薄幸。彼女のボディの秘密が10月25日放送の「深イイ話」(日本テレビ系)で明らかになった。

 有名人の家族が登場し、その有名人が誰なのか当てる「密着クイズ」に薄幸は出演。彼女に関するさまざまな情報が公開された。家族の証言によると、薄幸は子供のころから芸能界に憧れがあり、アイドルのオーディションを受けたことがあったといい、小学生の時はかなりモテていたようだ。また、ドラマ「3年B組金八先生」(TBS系)に出演していた風間俊介に憧れてからは、ヤンチャな生活を送っていたことも暴露。

「そんな薄幸について母親は、もう少し女の子らしい服装をしてほしいと思っていることを明かし、『スタイルは悪くないので』と語っていましたね。つまり、母親でさえ認めるほどのナイスバディであるということ。魅力は大きなバストだけではないということでしょう」(エンタメ誌ライター)

 貴重な情報は他にもあった。薄幸が11歳の時の映像が流れたのだが、「この頃から今のボディの片鱗が感じられる」とネット上で評判なのである。

「母親が今の彼女の服装を気に入っていないのと同様、ファンももっとスタイルのよさがわかる衣装にしてほしいと思っていますよ。色落ちしたジーパンにTシャツと革ジャンがトレードマークですが、思い切って変えてみるのもいいのではないでしょうか」(前出・週刊誌記者)

 いきなり女の子らしい服装をした薄幸も十分面白いと思うのだが、彼女はどう思っているだろうか。

関連リンク

  • 10/29 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます