猫を部屋に置いていった飼い主 オチに「めっちゃ分かる」「自分じゃん」

拡大画像を見る

実体験を元に、漫画を描いているキュルZ(@kyuryuZ)さん。

『猫あるある』を飼い主の目線から描いた漫画が、さまざまな世代から人気を博しています。

ペットと一緒にいる時間は幸せですが、常に行動をともにするわけにはいきません。

用事のできた飼い主はキュルガに「すぐ戻るからね」と告げ、部屋から離れると…。

『ドアをこじ開けるネコ』

半開きのドアを器用に前脚で開け、キュルガは廊下へ出て行ってしまいました。

人間が思っている以上に、動物は器用なもの。部屋のドアを勝手に開けてしまうペットは少なくありません。

その後飼い主は、ペットによってさらに驚かされることになるのです。そう、廊下に締め出されてしまった姿を見て…。

笑ってしまう一連の流れに、猫と暮らした経験がある人から共感する声が相次いでいます。

・これのクローゼット版が我が家ではよく起こります。

・あるあるすぎて笑った。猫って気付いたら締め出されてる。

・最後の「ボウ…」が最高。声を出して笑った!

その後、自らドアを開けて出て行ったにもかかわらず、猫が「ここを開けろー!」と怒るところまでワンセットなのでしょう…。

猫漫画『夜は猫といっしょ』が好評発売中

キュルZさんが描く猫漫画『夜は猫といっしょ』の2巻が発売中です。

1巻と同様、描き下ろし作品も収録されているので、気になる人はチェックしてくださいね。

2021年9月24日には、カレンダーが発売開始しました。

キュルガのゆる~い雰囲気とフォルムは、毎日に癒しを与えてくれるはずです。

[文・構成/grape編集部]

出典 @kyuryuZ

関連リンク

  • 10/29 16:40
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます