映画『老後の資金がありません!』家庭のリアルなお金問題が満載! 年金問題、リストラなど、どう乗り越える?

拡大画像を見る

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、天海祐希主演映画『老後の資金がありません!』(2021年10月30日公開)です。

人生100年時代に突入といわれていますが、長生きすればするほど、必要になるお金!

この映画に登場する一家も老後の資金に頭を悩ませています。それなのに、家族に降りかかったさまざまな出来事で大出費!

そんな中、家計を管理する主婦が悪戦苦闘する姿を描いたのが本作。面白かったですよ! では物語から。

【物語】

後藤篤子(天海祐希)は、後藤家の家計を任されていました。日々、老後のために、節約をして、パートで稼ぎながら、コツコツと貯金。

子供2人(大学生とフリーター)を育ててきました。しかし、義理の父のお葬式、フリーターの娘(新川優愛)の結婚式が続き、貯金がバーンと出ていく事態に。

夫(松重豊)は「なんとかなる」と呑気そのもので、その上、姑(草笛光子)を引き取ることに。これが贅沢大好きなセレブな姑だったから、ますます家計は大ピンチ!

【後藤一家の災難、意外とあるあるかも】

お金がなくて悪戦苦闘する映画ではありますが、「あるよね~」と思いながら見られる作品でした。

どんなに節約して暮らしていても、冠婚葬祭は、なんだかんだでお金がかかるものです。

ましてや後藤家は、篤子さんの義理の父のお葬式でなんと400万の大出費! 高齢だったので友人知人はすでに天国。お香典も少なくて大赤字です。

加えて、娘の結婚式は地味婚にと思うものの、売れないミュージシャンの婿の実家の要望で、大披露宴を折半することになり、これまた300万の大出費!

篤子さんが頭を抱えてギャー!と混乱する気持ちもわかります。

冠婚葬祭って、家族親戚みんなの賛同を得ようと思うから、お葬式や結婚式を節約しようとすると「お義父さんがかわいそう」とか「娘の結婚式なんだから」とか言い出す人がいて、予算オーバーになることも。後藤家も地味にしようとしたのに、そうでしたからね。

【贅沢な姑がお洒落で素敵】

冠婚葬祭で大出費があったにもかかわらず、篤子さんと夫が失業してしまい、ますますピンチの後藤家。

そのうえ、贅沢好きの姑の芳乃さんと同居することになり、これまた大変! 芳乃さんは、すんごい量の荷物で引っ越してきて、お茶ひとつとってもこだわりのブランドが!

老舗の和菓子屋を切り盛りしていたやり手の芳乃さんは、いい物を知っており、浪費家でもあるので、欲しい物をバンバン買っちゃう困った姑……なんですが、なんか憎めないんですよ。

それは、いい生活してきた人ならではのエレガントな振る舞いとセンスの良さがあり、女性が憧れる要素満載だから。

そんなお姑さんを演じる草笛光子さんがとてもお洒落で素敵でハマリ役! 草笛さんが登場するシーンはキラキラしていて、憧れちゃうわ~。

【篤子さんの明るさが切実さを緩和】

本作は「老後の資金がな~い」と言いつつも、篤子さん演じる天海祐希さんの明るい個性のおかげで、切羽詰まった感はまったくありません。

ローンを組んでいるとはいえ、持ち家ですし、消費者金融から借金もしていないと思う。篤子さんは常に金策に頭を悩まし、食卓はもやし鍋ばかりですが、家族全員、切実感はゼロ。

見る人によっては「全然、困ってないじゃん」と思うかもしれないけど、悲壮感漂うリアルな展開すぎると見ていて辛くなるので、個人的にはこれくらライトな展開で良かったなと思います。何より家族が明るくて、みんなで言いたいこと言い合えるところがいい! 

家族が仲良く元気であることが、財産なんだなと思わせてくれるホームコメディの快作でした!

執筆:斎藤 香(c)Pouch

『老後の資金がありません!』
(2021年10月30日より、丸の内TOEIほか全国ロードショー)
監督:前田哲
原作:垣谷美雨「老後の資金がありません」(中公文庫)
出演:天海祐希 松重豊/新川優愛 瀬戸利樹 加藤諒 柴田理恵 石井正則 若村麻由美/友近 クリス松村 高橋メアリージュン 佐々木健介 北斗晶 荻原博子(経済ジャーナリスト) 竜雷太 藤田弓子 哀川翔 毒蝮三太夫 三谷幸喜/草笛光子
ⓒ2021映画「老後の資金がありません!」製作委員会

関連リンク

  • 10/29 14:00
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます