Appare!、<IDOL OF THE YEAR 2021>優勝!「今まで全員で一致団結して頑張ってきた甲斐があった」

Appare!が、<IDOL OF THE YEAR 2021>で優勝の栄冠を勝ち取った。

ライブパフォーマンスNo.1アイドルを決める<IDOL OF YEAR 2021>。

その決勝大会が、10月28日(木)にオンラインライブで開催された。同イベントでは、“今1番アツい国民が知っておくべきアイドル”12組が、4ブロックに分かれて予選となるオンラインライブを実施。熾烈な戦いを経て、視聴者投票で勝ち進んだAppare!、アンスリューム、#ババババンビ、真っ白なキャンバスの4組が決勝ステージに進出した。

決勝は、審査員に鶴久政治、牧野アンナを迎えて、視聴者投票と審査員票の総合点で優勝グループを決定。

各グループともに前半戦2曲・後半戦2曲の全4曲を披露した。

中間発表では、それぞれの個性が溢れたパフォーマンスに圧倒された鶴久が、“予想していたよりも遥かにレベルが高くて驚きました。(審査が)難しいですね、1チームごとに全然個性が違いますもん。これはちょっと困りました(笑)”とコメント。

牧野は“現時点での順位は決まってます。このあとのパフォーマンスで、それがひっくり返る可能性は大なので、楽しみにしています!”と後半戦へのさらなる期待を語った。

すべてのステージを終えて、緊張の面持ちで最終結果発表を待つ一同。

進行の川畑一志(日本テレビアナウンサー)から“それでは発表しましょう! 数多いるアイドルの中から栄えある今年のライブパフォーマンスNo.1アイドルの座に輝いたのは……Appare!のみなさんです!”と優勝グループの名前が告げられると、“キャーッ!”と歓声を上げて飛び跳ねるAppare!のメンバー。永堀ゆめは膝から崩れ落ちて笑顔を見せ、思わず顔を覆って泣き出した藍井すずをメンバー全員が抱きしめて喜びを分かち合った。

川畑アナから“今のお気持ちはいかがですか?”と聞かれた藍井は“喜びの涙です! ありがとうございます! 今まで全員で一致団結して頑張ってきた甲斐があったなと思います。みんな仲よしで、いつもは和気あいあいとしてるんですけど、今回は真剣に取り組んで頑張っていたので、その成果が出たんじゃないかなと思います”と感想を口にした。

最後に“みんな本当にありがとうございます!”と全員で声を揃え、晴れやかな笑顔で画面の前のファンにも感謝の気持ちを伝えた。

結果を受けて、鶴久は“後半のステージの彼女たちの気迫。これがやっぱり観てる人に熱く来たんじゃないですかね!”とAppare!の熱量に感心しきり。続けて“ただね、もう得点つけられません! みんな本当に素晴らしかったです! 本当に感動しました”と全力を出し切った4組を讃えた。

牧野は“セットリストから盛り上げていく感じ、お客さんがいなくてもそこにお客さんがいると錯覚させるくらいの勢いがすごくあったので、これは納得の1位だと思います! 7人いて7人とも色があったし、パワーが圧倒的だった”とAppare!のステージを絶賛した。

優勝を勝ち取ったAppare!には、鶴久が記念のトロフィーを贈呈。さらに、副賞としてCS日テレプラスで放送する冠レギュラー番組の目録も贈られた。パネルの空欄に朝比奈れいが直筆でグループ名を書き入れ、『Appare!@チャンネル』という番組タイトルも発表。番組は、2022年1月9日から放送がスタートする。

なお、<IDOL OF YEAR 2021>決勝ステージの模様は、10月31日(日)までアーカイブ配信中。

<IDOL OF YEAR 2021>決勝ステージ
視聴期間:10月29日(金)18:00~10月31日(日)23:59
視聴チケット:BARON STREAM(10月31日(日)21:59まで)

『Appare!@チャンネル』
放送日時:2022年1月9日(日)23:30スタート
放送局:日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ

関連リンク

<IDOL OF YEAR 2021>決勝ステージ配信ページ『Appare!@チャンネル』情報ページイベント公式サイトイベント公式Twitter

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/29 16:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます